「夫の虐待」に強烈な嫌悪感を覚えた彼女の告白

子への行き過ぎた体罰と暴言が離婚の引き金に

時間に追われる毎日だったが、豊さんとの間にも2人の子どもに恵まれた。下の子が産まれてから生活はますます忙しく、目まぐるしくなっていった。恵子さんは、平日は子どもたちを学校に送り出し、フルタイムで事務の仕事に出かけた。自宅に帰ってからは、洗濯機を回して山盛りの洗濯物を片付けて、大量の食事も作らなければならない。土日は、食材の買い出しもある。毎日がてんてこまいだった。

始まった子どもたちへの虐待

2人目の子どもが生まれた頃から、豊さんとの間に亀裂が入り始めた。夫は連れ子の次男が少年野球を始めたことをきっかけに、地元の少年野球のコーチとして、子どもたちの指導をするようになっていった。そして、審判の資格を取るほどに熱中し始めた。

その頃から態度が尊大になり、その日の試合内容が気にいらないと、子どもを罵倒し、説教することが多くなった。豊さんは、酒の瓶を片手にしては、機嫌が悪くなり子どもに絡み、さらに飲む。その繰り返しだった。子どもが怒られる姿を見るのは、何より恵子さんにはつらかった。

「野球の試合で子どもがミスすると、『あの試合はどういうことだ!』とめちゃくちゃ怒るんです。気に食わないと、平手でたたく。体罰ですね。私はそんなに野球に詳しくないし何に怒っているのか、正直よくわからないんですが、子どもはよく夫の前で正座させられて、説教されてましたね。

一方的に怒鳴るんです。最初はトーンが低いのに、酒を飲み始めると、突然スイッチが入って怒鳴り散らす。『家から出ていけ!』と子どもに怒鳴って、裸足のまま外に出すこともありました。あまりにもかわいそうで『やりすぎだよ』と言うと、『いいんだよ! ほっとけば!』と言うんです。

子どもが外に出されて、しばらくすると、いなくなっていて近所を探し回ることも日常茶飯事でした。自分が一方的に罵倒するだけ罵倒して、子どもはおびえて泣いてるんですよ。部屋の外で正座させられたときもあって、本当にかわいそうでした」

連れ子とはいえ、わが子同然として育ててきた子どもがおびえる姿を見るのは、切なくて、つらかった。

しかし、豊さんは一度、キレ始めると止まらなかった。お酒を飲みながら、何時間でも子どもたちを説教する。そして、しまいにはアルコールの入ったグラスやボトルを投げつけるのだ。さらに、近所に聞こえるほどの大声を上げて、息子たちに怒鳴り散らした。「やめて!」と何度も制止したが聞かなかった。

次ページ夫との夜の生活を拒むように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?