「モラハラ夫」と離婚した38歳専業主婦の決断

最初はおカネがなくても、必ず離婚はできる

モラハラされているのに気がつき離婚をしたいが、おカネのことが心配です(写真:プラナ / PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、38歳専業主婦B子さんです。B子さんは、公務員の夫と2人暮らし。B子さんは、物腰の柔らかいとても女性らしい方で、素敵な奥様といった印象でした。しかし、ご相談内容は、「結婚10年目にして夫からモラハラされているのに気がついた。離婚したいけど、おカネのことが心配で……」というシビアなものでした。早速、詳しくお話を聞いてみることにしました。

結婚10年目、やっと気づいた夫からのモラハラ

B子さんは、今から10年前の28歳の時に公務員の夫と結婚。以来、たまに近所で短期間のパートのようなものはやっていましたが、基本的には専業主婦生活を送っていました。そんなB子さんの悩みがモラハラだというのです。「今さらと言われそうですが、結婚10年目にして認識したんです」と深刻そうです。しかし「専業主婦の自分には経済力はないし、現実的に離婚できるのか……」というのです。

モラハラといえば、少し前に芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になりましたが、そもそもモラハラとは、「モラルハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、言葉や態度によるいやがらせを繰り返し、被害者に大きな不安や苦痛、恐怖を与えます。ここで問題なのは、肉体的な暴力ではなく、精神的な暴力なので、本人も周りも気がつきにくいことがある、ということです。

ただB子さんは、「実は結婚当初から夫といると緊張することが多く、どこか違和感があった」と言います。そんなB子さんが夫からモラハラを受けていると気がついたきっかけは、友人の離婚でした。

B子さんの友人も夫からモラハラを受けていたのですが、友人の話を聞くにつけ、「私と同じだ!」と思ったそうです。しかし「家庭のことを、親戚にも友人にも話してはいけない」とつねに夫から言われていたので、友人に自分の状況を話すことはできませんでした。B子さんは友人と話をした後、すぐに図書館に向かい、モラハラに関する本を読み漁ってみたところ、長年抱いてきた「違和感の謎」が解けたそうです。

次ページモラハラ夫はB子さんを徹底的に追い詰めていた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。