「モラハラ夫」と離婚した38歳専業主婦の決断

最初はおカネがなくても、必ず離婚はできる

モラハラされているのに気がつき離婚をしたいが、おカネのことが心配です(写真:プラナ / PIXTA)

今回、私たちファイナンシャル・プランナーの事務所に「おカネの相談」に来たのは、38歳専業主婦B子さんです。B子さんは、公務員の夫と2人暮らし。B子さんは、物腰の柔らかいとても女性らしい方で、素敵な奥様といった印象でした。しかし、ご相談内容は、「結婚10年目にして夫からモラハラされているのに気がついた。離婚したいけど、おカネのことが心配で……」というシビアなものでした。早速、詳しくお話を聞いてみることにしました。

結婚10年目、やっと気づいた夫からのモラハラ

B子さんは、今から10年前の28歳の時に公務員の夫と結婚。以来、たまに近所で短期間のパートのようなものはやっていましたが、基本的には専業主婦生活を送っていました。そんなB子さんの悩みがモラハラだというのです。「今さらと言われそうですが、結婚10年目にして認識したんです」と深刻そうです。しかし「専業主婦の自分には経済力はないし、現実的に離婚できるのか……」というのです。

モラハラといえば、少し前に芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になりましたが、そもそもモラハラとは、「モラルハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、言葉や態度によるいやがらせを繰り返し、被害者に大きな不安や苦痛、恐怖を与えます。ここで問題なのは、肉体的な暴力ではなく、精神的な暴力なので、本人も周りも気がつきにくいことがある、ということです。

ただB子さんは、「実は結婚当初から夫といると緊張することが多く、どこか違和感があった」と言います。そんなB子さんが夫からモラハラを受けていると気がついたきっかけは、友人の離婚でした。

B子さんの友人も夫からモラハラを受けていたのですが、友人の話を聞くにつけ、「私と同じだ!」と思ったそうです。しかし「家庭のことを、親戚にも友人にも話してはいけない」とつねに夫から言われていたので、友人に自分の状況を話すことはできませんでした。B子さんは友人と話をした後、すぐに図書館に向かい、モラハラに関する本を読み漁ってみたところ、長年抱いてきた「違和感の謎」が解けたそうです。

次ページモラハラ夫はB子さんを徹底的に追い詰めていた
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。