「モラハラ夫」と離婚した38歳専業主婦の決断

最初はおカネがなくても、必ず離婚はできる

さて、このようなモラハラ行為を受けてきたB子さんですが、友人の離婚や図書館で読んだ本をきっかけに、「今までの生活はなんだったんだろうと思いました。早く離婚しなければ自分はダメになる」と、まるで魔法が解けたように思ったそうです。

そこで「まずはおカネの心配を解消しなければ」ということで、ここから私と離婚後のマネープランについて話し合うことになったわけです。

B子さんの夫は年収1000万円以上あり高年収なのですが、B子さんには十分な生活費は渡さず、基本的に貯蓄も夫が管理しているので、B子さんの自由になるおカネはほとんどありません。また、モラハラ夫と一緒に暮らしている状況では、日々夫から支配を受けてしまうので離婚したいと思っていても、結局実行に移せなくなってしまいます。

離婚を実行に移すため勉強と貯金を開始

ですから、まずは、事情を話して実家に戻るようにB子さんにはアドバイスをしました。夫に内緒で、勇気を振り絞って実家に話をしにいったところ、両親は最初は驚いていたものの、受け入れてくれました。

B子さんが夫の留守中に実家に戻ったこともあり、夫の怒りはものすごく「絶対に離婚しない」「家に戻らないとひどいことになるぞ」と、連日電話やメールでB子さんを脅迫してきたそうです。

一般的にモラハラ夫との離婚は長丁場になります。そのため「離婚できるまでの間に、辛抱強く経済的基盤を作っておくことが大切」なのだと、離婚に強い知り合いの弁護士が言っていました。

「離婚後は、都内で1人暮らしをしたい」というB子さんの希望に沿い、マネープランを一緒に考えました。すると、目標とする収入も月に20万円と明確になりました。

まずは、経理事務の仕事につくために、簿記とPCの勉強をするべくスクールに通うことに。スクール費用は、幸いご両親が援助してくれました。それと同時にパートの仕事も始め、将来1人暮らしができるように、引越し費用50万円と、もしもの場合に備えて、合計で100万円を貯めることを目標にしました。

次ページモラハラ夫との離婚では専門家に頼ることが大切!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。