ハラスメント指摘のやりすぎで会社は壊れる

このままいくと世の中が窮屈になってしまう

セクハラ、パワハラは言語道断。だが会社での普通のやりとりまで「ハラスメントの可能性」と言われてしまったら……(写真:ふじよ/PIXTA)

このところ、メディアなどを通じて毎日と言っていいほど「ハラスメント」(嫌がらせ)の言葉を耳にします。セクハラ、パワハラだけでなく、ハラスメントにはなんと30以上の種類があるとの話もあります。しかし調べてみると、なかには「これって、日本だけのハラスメント?」と思われるようなものも……。草食投資隊の3人は、ハラスメントについてどう考えているのでしょうか。

ビジネス関係だけでもハラスメントの種類が多すぎる!

渋澤:ハラスメントって、いろいろな種類があるってご存じでした?

中野:セクハラ、モラハラ、パワハラ、ぐらい?

この連載の一覧はこちら

藤野:たぶん、もっとたくさんあるのですよね。

渋澤:30以上あるそうですよ。たとえば「ブラハラ」ってご存じですか。

藤野:それはちょっと……。のっけから人を試そうという話ですか? 「男性目線」で答えを言うと、それ自体がセクハラになるというやつでしょうか?

中野:私も同じようなことを考えていたのですが。

渋澤:ブラッドタイプ・ハラスメント。

藤野:あ、違った(笑)。

中野:それ、何ですか。

渋澤:よくあるじゃないですか。「ああ、確かにキミはAB型だからちょっと変わっているよね」って、つい口にしてしまうことが。これで嫌な思いをしている人が結構いるって話です。

中野:それ、ヤバイですよ。飲んでいるときとか、つい言ってしまいがちです。

次ページそのうち「飲み」に誘うことまでNGに!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。