ハラスメント指摘のやりすぎで会社は壊れる

このままいくと世の中が窮屈になってしまう

セクハラ、パワハラは言語道断。だが会社での普通のやりとりまで「ハラスメントの可能性」と言われてしまったら……(写真:ふじよ/PIXTA)

このところ、メディアなどを通じて毎日と言っていいほど「ハラスメント」(嫌がらせ)の言葉を耳にします。セクハラ、パワハラだけでなく、ハラスメントにはなんと30以上の種類があるとの話もあります。しかし調べてみると、なかには「これって、日本だけのハラスメント?」と思われるようなものも……。草食投資隊の3人は、ハラスメントについてどう考えているのでしょうか。

ビジネス関係だけでもハラスメントの種類が多すぎる!

渋澤:ハラスメントって、いろいろな種類があるってご存じでした?

中野:セクハラ、モラハラ、パワハラ、ぐらい?

この連載の一覧はこちら

藤野:たぶん、もっとたくさんあるのですよね。

渋澤:30以上あるそうですよ。たとえば「ブラハラ」ってご存じですか。

藤野:それはちょっと……。のっけから人を試そうという話ですか? 「男性目線」で答えを言うと、それ自体がセクハラになるというやつでしょうか?

中野:私も同じようなことを考えていたのですが。

渋澤:ブラッドタイプ・ハラスメント。

藤野:あ、違った(笑)。

中野:それ、何ですか。

渋澤:よくあるじゃないですか。「ああ、確かにキミはAB型だからちょっと変わっているよね」って、つい口にしてしまうことが。これで嫌な思いをしている人が結構いるって話です。

中野:それ、ヤバイですよ。飲んでいるときとか、つい言ってしまいがちです。

次ページそのうち「飲み」に誘うことまでNGに!?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT