平成のカフェ「コンビニが2割」に台頭した事情

喫茶店減ったのにコーヒー好きが増えた時代

喫茶店が減ったのに女性をはじめとして「コーヒー好き」が増えた時代。そしてコンビニでの売り上げが2割を占めるように。平成のカフェ事情を振り返ります(撮影:大澤 誠)

あと1カ月余りで「平成」が終わり、新元号となる。平成時代は、コーヒー業界・カフェ業界にとってどんな時代だったのか。さまざまな変化を振り返ってみよう。

ただし、回顧だけでは参考になりにくいかもしれない。そこで最後に「新時代に生き残る」視点でも考察してみた。

平成時代に伸長したカフェ業界

まずは数値データから紹介しよう。業界を知る「目安」として理解いただきたい。

(1) コーヒー業界の市場規模 「約2兆9000億円」

「消費者購入額」の推計値(全日本コーヒー協会の調査)だ。消費者が喫茶店(カフェを含む。以下同)でコーヒーを飲んだり、喫茶店や小売店でコーヒー豆を買うなどした数字の総額といえる。

(2) 喫茶店の市場規模 「約1兆1358億円」

こちらは「喫茶店」の数字だ(平成29年外食産業市場規模推計。日本フードサービス協会調べ)。前年比で1.6%増となり、同調査ではブラス成長が続く。かつて1兆円割れ寸前ともいわれた「喫茶市場」は、回復基調に転じている。

(3) 喫茶店の店舗数 「12万6260店」(1991年)→ 「6万7198店」(2016年)

3月17日に閉店が発表された浅草の人気店「アンヂェラス」に並ぶ人々(2月27日筆者撮影)

総務省統計を基にした全日本コーヒー協会のデータだ。発表数値のうち、平成の初め(平成3年)と終わり(平成28年)を抜粋した。平成年間で店舗数は半減し、特に個人経営の店(個人店)の閉店が目立った。その理由はさまざまだが、「店主の高齢化」「後継者不足」「建物の老朽化」などが多い。一方で新規開業も多いが、長続きする店は少ない。

次ページ店舗数が半減しても市場規模が拡大したのは…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。