「計画性のない子」の成績を上げる1つの方法

時間にルーズで、提出物も最後までやれない

時間にルーズで、計画的に勉強しない高校1年生。いったいどうしたらいいのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

高校1年生の長女についての相談です。
とてもマイペースで時間にルーズです。何時何分に家を出ると伝えておき、途中何度せかしても、時間どおりに出発できたことがありません。本人は学校に遅刻しても、あまり気にしていないようです。それと関係していると思うのですが、計画を立てることができません。
中学時代はそれほど頑張らなくても成績は中の上を保っていたので、やらなくてもできると思い込んでいました。高校受験では本人の希望で入れそうな高校を選びましたが、落ちてしまいました。
これまでいろんな機会に計画を立てて、そのとおりに勉強をする方法を提案してみました。ただ無理やり計画表を作らせても、結局作って終わりになりました。高校に入学する前に宿題がかなりたくさん出されましたが、手をつけていない箇所が多すぎて、間に合わずそのまま提出していました。どのようなやり方をすればいいのでしょうか。
(仮名:森田さん)

ただルーズというだけの問題?

お子さんの遅刻、提出期限が守れないという問題で悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。

この連載の記事一覧はこちら

遅刻はよくない、提出期限はしっかり守るようにと学校でも家庭でも、社会でも言われますね。それは極めて正しいことです。通常このようなケースでは、単にだらけていることが原因ということも少なくありません。その場合は仕組みを作ることによって、改善していきます。

例えば、学校の遅刻の場合であれば、次のような会話をしていきます。

次ページそれではどうするか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。