「計画性のない子」の成績を上げる1つの方法 時間にルーズで、提出物も最後までやれない

印刷
A
A

もちろん誰しもどちらか一方だけということはなく、両方の価値基準は持っていますが、どちらが優位に出てくるのかで判断してみるといいと思います。

「優位」とは、例えばお店でランチをするとしましょう。メニューを見て注文する際、値段を先に見てその後に食べたいものを選ぶのか、それとも食べたいもののページを開いて、次に値段を見るのか。どちらが優位かというのはこういうことです。

森田さんとお子さんは、タイプが違う?

さて、ご質問者森田さんのケースをみると、おそらくお子さんはどちらかというと、シングルタスク型に近いのではないかと思います。シングルタスク型の場合、秩序が好きな領域に入っていれば別ですが、そうでないケースのほうが一般的に多いため、時間管理や整理整頓は得意でない傾向にあります。

そしてもしかしたら、ご相談者であるお母さまは、マルチタスク型かもしれません。マルチタスク型の人は、秩序があることが前提になっているため、森田さんのように子どもの無秩序が気になって仕方がないのです。

するとここで次のような問題が発生したりします。

【母親がマルチタスク型で、子どもがシングルタスク型という場合】
:「早くやっちゃいなさい。今、やっておけばあとでラク(得)なんだから」(損得基準)
「いや、嫌いだからやらない」(好き嫌い基準)

価値観がまったく異なるため、こうして両者はずっと平行線です。平行線であるため、親は力業でやらせようとしがちです。するとますます子どもは抵抗し、事態が悪化していくことがあるのです。

森田さんのお子さんは計画を立てて実行していくという仕組みには関心がなく、場合によっては嫌いな領域に入っている可能性が高いため、それを強いても無駄ということです。親はつい子どもも自分と同じ価値観であると錯覚するため、このような問題が起こったりします。ですからまずは、価値観が根本的に異なっているという状態を理解する、ということが必要になります。

では、そのうえでどうするか?ということですが、計画を立てるべきと考え、重視する森田さんとしては、子どもの適性と違うと理解したとしても、「計画は立てなくていい」とまでは、なかなか振りきれないのではないかと思います。そこでですが、別の角度からアプローチをするというのはどうでしょうか。

次ページ子どもに違う角度からアプローチする
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT