吉野家580円定食で考える仕事の「潮目」

潮目がわかる人、わからない人

世界的な寒波に襲われて、街を歩く人々が厚着になってきました。そんな年末、景気回復の気配を感じることが増えてきました。ひとつは外食業界のニュース。

「高価格」路線も模索…安売り競争で疲弊(毎日新聞)

景気回復の手応えを感じた外食チェーン各社が、客単価を引き上げ、収益改善を図り始めたという内容です。中でも注目したのが、牛丼チェーンの吉野家の取り組み。店内メニューで「牛すき鍋膳」を580円という、吉野家としては高い価格で販売を開始したそうです。

安値の限界から、高級メニューへ

安値の限界に挑戦してきた牛丼とは対照的に、高級メニューで攻めに転じた、というのは象徴的な出来事です。ちなみに、当方が食欲旺盛であった20代の頃(1990年代)は、並盛の価格は400円。「早い、安い、うまい」と3拍子そろったメニューとして頻繁に食べたものでした。ただ当時、“激安”とまでの感覚は持っていませんでした。

ところが、現在の並盛はたったの280円。過去20年間で、世帯平均年収の下落値を超えるプライスダウンを敢行しています(余談ですが、プライスダウンは和製英語で、正しい英語ではディスカウント:discount)。

ここまでの値下げができたのは、想像を絶する企業努力があったからに違いないでしょう。日本経済のデフレ期に耐え忍んできた結果と想像されます。しかも、この価格破壊とも言える280円に値下げが行われたのは今年のことです。

ちなみに、高単価580円の牛すき鍋膳は、旅館の夕飯に登場するメニューのように、牛肉、ネギ、豆腐などの具材を鍋で温めながら食べる商品。ワクワク感があって、コストパフォーマンスが高いと評判を呼んでいるようです。実際、吉野家に入って昼食をしているときに、牛すき鍋膳を注文するサラリーマンに遭遇。

「普段は並盛だけど、今日は贅沢に注文してみた」

と職場の同僚らしき人と話す姿に、「財布のヒモが緩みつつある」明るい未来を垣間見た気がしました。

さらに、牛丼以外でもファミリーレストランなどでも、高価格なメニューが次々と登場しています。企業サイドが戦略を攻めに転じたことを実感します。

次ページ「アップサイド」と連呼する人々
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT