社内飲み会がイヤならこんな飲み会はいかが?

飲み会は面倒臭い、という言い分もわかりますが…

早いもので2013年もあと少し。景気回復の兆しのおかげか、震災以降、減っていた職場の忘年会も今年は増え始めているようですね。

お酒が入ると普段にはない距離感で交流できる一方で、羽目を外しすぎて「ちょっとあの人……」と、女子社員に煙たがられてしまうケースもあったりするのです。

そこで今日は、私が主宰する「営業部女子課」メンバー協力の下、職場の忘年会に潜入。実際に起こった事件簿をレポートし、ランキングとして発表したいと思います。

それでは早速、気まずい忘年会第3位から。

あ、何やら座敷の外で、男性上司と女性部下がもめているようですね。男性上司の手には大きめの紙袋。いったいなにを話しているのでしょう?

男性上司「ねぇ、頼むよ、着てよ。せっかく買ったんだしさぁ」

女性部下「……無理です」

男性上司「みんなも喜ぶと思うんだよねぇ」

女性部下「でも……」

女性部下はだいぶ困っているようです。では男性上司の持っている紙袋の中をのぞいてみましょう。こ、これは、サンタクロースのコスチュームです! しかもかなりのミニスカート! この男性上司は女性部下にサンタのコスプレを要求していたのです!

第3位 サンタコスプレを要求される

次ページやっぱり愚痴は聞きたくない!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。