社内飲み会がイヤならこんな飲み会はいかが?

飲み会は面倒臭い、という言い分もわかりますが…

早いもので2013年もあと少し。景気回復の兆しのおかげか、震災以降、減っていた職場の忘年会も今年は増え始めているようですね。

お酒が入ると普段にはない距離感で交流できる一方で、羽目を外しすぎて「ちょっとあの人……」と、女子社員に煙たがられてしまうケースもあったりするのです。

そこで今日は、私が主宰する「営業部女子課」メンバー協力の下、職場の忘年会に潜入。実際に起こった事件簿をレポートし、ランキングとして発表したいと思います。

それでは早速、気まずい忘年会第3位から。

あ、何やら座敷の外で、男性上司と女性部下がもめているようですね。男性上司の手には大きめの紙袋。いったいなにを話しているのでしょう?

男性上司「ねぇ、頼むよ、着てよ。せっかく買ったんだしさぁ」

女性部下「……無理です」

男性上司「みんなも喜ぶと思うんだよねぇ」

女性部下「でも……」

女性部下はだいぶ困っているようです。では男性上司の持っている紙袋の中をのぞいてみましょう。こ、これは、サンタクロースのコスチュームです! しかもかなりのミニスカート! この男性上司は女性部下にサンタのコスプレを要求していたのです!

第3位 サンタコスプレを要求される

次ページやっぱり愚痴は聞きたくない!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。