花粉飛散量と症状の強さ、実は一致しない理由

花粉症と天気予報との深い関係

花粉症の本格的なシーズンが到来。きめ細やかな花粉症の予報を行う大手気象会社のウェザーニューズに予報のあれこれを聞いてみました(写真:あんみつ姫/PIXTA)

厳しい冬が終わりに近づき、暖かい日が増えてきました。春の訪れはうれしいものですが、多くの人を悩ますものが花粉症です。

朝のニュースの天気予報や、天気予報アプリに花粉情報が掲載されるくらい、花粉の飛散と天気には密接な関係があります。しかし、意外なことに気象庁では花粉飛散量の予報は行っていません。花粉飛散量の予報を行うのは環境省と民間の気象会社なのです。

どのようにして花粉飛散量の予報をするのでしょうか。「花粉プロジェクト」という名できめ細やかな花粉飛散量および症状の予報を行う、大手気象会社のウェザーニューズに聞いてみました。

花粉症はどう予報する?

なぜ、民間気象会社が花粉症の予報を行うようになったのでしょうか。ウェザーニューズのBtoS事業コンテンツ運営主責任者である森田清輝氏によると、「ウェザーニューズでは、『お客様がほしいのは天気予報ではない。今日は傘が必要なのかどうか、洗濯物を干せるのかどうかが知りたいのだ』という考え方が情報発信のベースにあります」。

もともとウェザーニューズには、航空機向けの天気予報を長年配信してきた実績がありました。航空機には火山灰が大敵です。火山灰の中の鉱物が機内に侵入すると、故障につながるからです。だから、風のシミュレーションを行い、火山灰が飛散する方向を正確に予想しなければいけません。そして、花粉も火山灰と同様に風に乗って運ばれるものです。そこで、航空機向けの天気予報のノウハウを応用させて、花粉症の予報を始めたというわけです。

さて、花粉症の予報は大きく二種類あります。まずは、毎年シーズン前に発表される「今年の花粉の飛散量は多いのか、少ないのか」という長期予報。そして、「今日は花粉がたくさん飛んでいるかどうか」という短期予報です。

長期予報の算出根拠は、大きく2つあります。1つ目の根拠は、前年の夏と秋の天候です。スギの雄花は前年の夏に作られます。そして、前年の夏に晴れの日が多いほど植物の光合成が盛んになり、花粉を出すスギなどの雄花が成長する傾向にあります。

次ページ2019年の花粉の飛散量の傾向は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT