「恋活アプリ」が世界中で増殖し続ける理由

最大手・マッチグループの幹部を直撃した

「ミーティック」(左から2つ)「ティンダー」(中央右)「ペアーズ」(右)など、性格の違うマッチングアプリを複数展開する理由とは(写真:マッチグループ)
恋人探しをスマートフォンの「恋活(マッチング)アプリ」で行う人が増えている。日本で最大規模の「Pairs(ペアーズ)」を運営するエウレカは1月、累計会員数が1000万人(台湾、韓国も含む)を突破したことを発表。過去1年間で300万人増というハイペースの伸びだった。また、同社が把握しているだけでも20万人以上がペアーズを使って恋人と出会い、そのうち約60%が「結婚している、結婚の予定がある」と回答しているという。
アプリ恋活の“当たり前化”は、欧米ではさらに顕著だ。すでにシングル、つまり独身かつ恋人のいない人の約半数がマッチングアプリを利用している。同業界世界首位であり、エウレカの親会社でもあるアメリカマッチグループは、190以上の国と地域・42以上の言語でサービスを展開する巨大企業だ。グループ内に50近いサービスを抱えるのも特徴といえる。同社で欧州・中東・アフリカと、アジア太平洋地域を統括するアレクサンドル・リュボー氏に、サービス拡大の背景や個人情報保護の取り組み、技術開発の最前線について聞いた。

「出会いに求めるものが個々人で違う」

――マッチグループでは非常に多くのサービスを抱えています。成功しているネットサービスは1つの巨大なプラットフォームに集客してスケールメリットを追求するのが一般的ですが、なぜそれと真逆の戦略を採るのでしょう?

「出会い」に求めるものが、個々人で全然違っているということが大きい。この業界、というか、このサービス領域の複雑で面白い本質はそこにある。パートナーにどんな相手がいいか、どんなふうに出会いたいか。明確な答えを持っている人は少ないだろう。だから、サービスの提供の仕方もさまざまであったほうがいいと思っている。

欧米では現状、すでにシングルの約半数がデーティング(マッチング)アプリを使っている。しかも彼らは、平均して4つのアプリを並行利用している。出会いへの本気度が高いほど、いろいろなアプリを使いながらしっくりくるものを探すという傾向が強くなる。

セグメントを絞ることに明確なメリットがある場合もある。たとえば、マッチグループには50歳以上の人限定のサービス(アメリカ)がある。ヨーロッパではさらに上の、シニア層向けのサービスも去年始めた。パートナー探しをしているシニアはおそらく、20代の若者とデートすることを主目的にはしない。これは明確にニーズが分かれるところだ。

――自社のポートフォリオに足りていない部分を埋めていくと。

そうだ。当然、基本は顧客を中心に据えてサービス開発を行っている。私自身のキャリアのスタート地点はプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)だったが、そこで作っていた日用品と同じことだ。顧客のニーズに応えられていない領域があれば、新しく作ったり、買収したりで、毎年のようにサービスを増やしてきた。

次ページ「私自身もマッチングアプリを使っていた」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。