あなたは親の背中が見えますか?

教えられた芸は忘れるが、盗んだ芸は忘れない

「弟子を引き受けることが、ワシにとってもどれほどの覚悟と愛情が必要だったか、向こうの親にもわからせる必要があった。それもワシの行動で」とおっしゃっておられました。くだんの不良少年もその親も、以降は甘い考えをTさんに申し出ることはなくなったということです。

「向こうの覚悟は、そのとき、できたようだった」とTさん。「ワシの行動で」と言われたのが、つまり「背中をみせる」ことだったのは明白です。あいさつや言葉ばかりが巧みで、行動が全然伴わない人に出会うと、Tさんを思い出します。

芸は盗んでも罪にならない

「芸は盗むもの」という言葉を、伝統芸能界や落語界でよく聞きます。私は教えるのが苦手な人、または教えるのが面倒な人から都合よく発せられた言葉だと、ずっと受け取っていました。最近、亡くなられた笑福亭松喬師匠の、「教えられた芸はすぐに忘れるが、盗んだ芸は忘れない」という言葉に、目からウロコでした。芸と教育の違いはありますが、今日のコラムに登場された親子さんに通じるものがあります。

「盗むにもキャリアがいる」は立川談志師匠です。見せるだけの背中があっても、それを読み取る側の子供の感性なり知性がないと、この言葉は成立しません。

見せるに足る背中が先か感性が先か? 鶏が先か卵が先か? ここは間違いなく、鶏でしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT