天満屋ストアがセブン&アイと組む理由

西日本地区でスーパー再編の契機に?

イトーヨーカ堂と天満屋ストアに直接的な取引関係はないものの、広島県福山市のSC「ポートプラザ日化」では同じSC内に軒を並べて入居している。「商売のやり方はお互いよく知っている」(天満屋ストア)という間柄だ。

イズミとの関係強化が焦点

 現状では、物流や商品調達、店舗開発、プライベートブランド(PB)の導入など、協力する分野は決まっているが、具体化はこれから。

注目はやはりPBだ。天満屋ストアはAJS(オール日本スーパーマーケット協会)に加盟し、共通PB「生活良好」の販売を行っている。今後のポイントは、「セブンプレミアム」をどんなタイミングで、どの程度のボリュームで導入するかだ。

そもそも「セブンプレミアム」は価値志向の強いコンビニエンスストア仕様のPBで、スーパー向けで低価格志向の強いイオンPB「トップバリュ」とは双璧をなしている。しかし、セブン&アイグループ内でもイトーヨーカ堂での販売は芳しくないとも言われる。地方スーパーでどこまで通用するのかという点も注目される。

ヨーカ堂、またセブン&アイグループは提携、買収戦略を相次いで進めているが、今後は広島県を地盤とするイズミとの関係をどう深化するのかもポイントだろう。ヨーカ堂とイズミはナナコカードの共同化など電子マネーで関係を深めており、さらなる関係強化があるのか。場合によっては、天満屋ストアも含めた、西日本地区でのスーパーの大再編構想が動き出す可能性もある。

撮影:尾形文繁

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。