「三女」になった里子が家族に溶け込めたワケ

新しい家族にいつしか本音が入れるように

「『本当のことを言っていいんだよ』と笑って言うと、本当にいちばん好きなのは、乳児院で赤ちゃんの頃から担当してくれていた先生だと打ち明けてくれて。それはそうですよね、ああ、やっぱり赤ちゃんから育ててくれたその人が”心のママ”なんだ、と納得しました。そして自分を産んでくれた人は”お母さん”だと言う。『だったら私のことはなんて呼びたい?』と尋ねたら『なおさんがいい』と言ったんです」(直巨さん)

2人の姉たちも、三女が突然両親を「ママ/パパ」と呼ぶことは、どこか両親を”取られた気分”になると正直に伝えた。だったらなおさら無理せず、「なおさん・竜さんでいいよね」と決まった。

三女が転んだ次女に「知らん顔」

「実の親のことや、里子であることなど『真実告知』をいつするか、という問題は里親家庭にはありますが、うちでは最初から情報は子どもたちに伝えています。その上で家族としてどうありたいか、どうしたら仲良くできるかを話し合ってきた感じですね」(竜さん)

だが三女が本当に家族に溶け込むには、まだまだ時間が必要だった。

里子になってすぐの頃、三女はよく夜中に起きて直巨さんのベッドのそばで呆然と立っていたこともある(筆者撮影)

こんなエピソードがある。ある日、かけっこの途中で派手に転んで血を流した次女を見て、三女は何事もなかったかのように次女を置いて走って行ってしまった。

「すごくびっくりしたんですよね。3、4歳ともなれば姉妹や友達が転んで泣けば『大丈夫?』って話しかけますよね。でも完全に知らん顔だった。なぜだろう、と思って、みんなで話し合ったんです」(直巨さん)

”ケガをした子をなぜほったらかしにできるの?”そう問い詰めるのではなく、直巨さんは”どうして助けなかったのかな?”という純粋な疑問として家族会議にかけた。三女の答えはこうだった。

「それは私の仕事じゃないから。先生の仕事だから」

次ページ何もかもが違うんだとわかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング