「量産型」会社員はもっと自分を認めていい

ひたすら「次の山」を登り続けるのが人生か

数年来の悲願だったポジションについた途端、次にどこへ進めばよいかわからなくなってしまったら……(写真:metamorworks/PIXTA)  
女性の育児や仕事など、女性の問題ばかりが取り上げられるこのご時世。しかし、男だって「男ならでは」の問題を抱えて生きづらさを感じています。男が悩むのは“女々しい”!? そんなことはありません。男性学研究の精鋭、田中俊之先生がお答えします。

※田中先生へのご相談はこちらの投稿フォームへ

■今回の相談
44歳男性会社員です。知人に「ついに成仏しましたね」といわれ、困惑しています。
昨年、数年来の悲願だったポジションにつくことができました。ただ、そこで言われたのが冒頭の一言です。「長年の悲願がかなって、次はどうするの」とも言われ、何も答えられませんでした。現場のトップとしての今のポジションであり、この先、取締役、社長と目指すというのも、違う職種のようでイメージが湧きません。
1つの山の頂上(といっても高尾山とか筑波山くらいですが)にたどりつき、次は山脈を制覇するのか、まったく別の山を目指すのか、もっと大きな山を目指すのか、何も描けないのです。
山を降りるイメージはなく、平地(どこかはわかりませんが)に降りるのも考えられず、次の方向性を見失っています。現実的には当面は目の前の仕事で精一杯で、先を考える余裕はないのですが、とはいえ、まったく何もないというのもどうかと思います。登る以外の人生をどう描けばいいものでしょうか。

似たり寄ったり…?

まずは落ち着いてください。

この連載の一覧はコチラ。※読者の皆様から田中先生へのお悩みを募集します。「男であることがしんどい!」「”男は○○であるべし”と言われているけれど、どうして?」というお悩み・疑問がある方はこちら

1990年から2014年までの25年間で、日本における衣料の供給量は2倍になりました。2000年前後に起きたユニクロのフリースブームが象徴するように、ファストファッションの登場によって、服の値段が著しく安くなったことが影響しています。

安く売るぶん、お客には何度も買ってもらう必要があります。流行はサイズ感1つとってもキツキツ、あるいは、ダボダボといった具体で極端になり、サイクルも短くなっているように感じます。そうして流行にはバリエーションの豊かさがなくなり、若者のファッションは「量産型」と揶揄されるように、似たり寄ったりになってしまうのです。

くだらないなと思われるかもしれませんが、「男社会」である企業の中で、定年退職までひたすら働くというレールの上を進んでいく男性の姿も、客観的に見れば「量産型」ではないでしょうか。

次ページ定年退職までひたすら働くのは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。