「量産型」会社員はもっと自分を認めていい

ひたすら「次の山」を登り続けるのが人生か

オーストラリアで家族と暮らしつつ、日本でお仕事をされているタレントでエッセイストの小島慶子さんは、オーストラリア版人生ゲームを購入して感心したそうです。大学に行くか行かないかの選択によって、選べる職業は違いますが、大学に行かない場合、学費が不要なので手持ちのお金は増えます。その分、就職してからの年収は大学に行ったコースよりも低くなります。面白いのは、賃金を上げたくなったらナイトスクールに通って、もう一度、職業カードを引き直せる点です。

日本は世界でも大学での「学び直し」の機会が少ない国の1つです。無理ではありませんが、確かに44歳にもなってもう一度、大学や大学院に通うのはなかなか厳しいとは思います。ただ、社会人をターゲットとした大学院は以前よりも増えていますから、そうした選択肢がないわけではないと頭に入れておくことは大切です。

そこまでするのが無理でも、地域の公民館や男女共同参画センターでは、毎週のように大学教員による市民講座が実施されています。参加すれば知識が増えるだけではなく、近所に同じような問題意識を持つ知り合いができるはずです。あるいは、会社で認められているならば、本業に支障がない範囲で副業をしてみるのもいいかもしれません。

「あおり」を真に受けず立ち止まってみる

働く期間が40年、寿命が80年だとすれば、40歳というのは、会社員としては残り20年、人生としては残り40年とちょうど折り返し地点にいることになります。会社の外の世界をのぞくにはいいタイミングです。

『中年男ルネッサンス』 (イースト新書)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

受験、就活、そして、社内の出世レースと競争は続いてきました。しかし、中年になって大切なことは、何歳になっても走り続けなければならないという「あおり」を真に受けず、そうした圧にさらされてきた自分を「鎮め」て、立ち止まってみることだと思います。

たとえば、有給を取って何をするでもなく、1日中、街をぶらぶらしたり、家でだらだらしたりしてみる。そうやって、落ち着いて見回したときに、会社、家庭、そして、地域がどのように見えるのか。よく旅は世界観を変えてくれると言いますが、いつもの風景がまったく違って見えるとすれば、それこそが自分なりの価値観に気がつくきっかけとなるのではないでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT