岩政大樹の死闘の記憶、2011年アジアカップ

日本代表を変えたのは「本田世代」だった

2011年のAFCアジアカップ決勝、オーストラリア戦での岩政大樹(写真:アフロスポーツ)

1月9日の初戦・トルクメニスタン戦(アブダビ)からスタートする2019年のアジアカップ(UAE)。森保一監督率いるサッカー日本代表には8年ぶり5度目のタイトル獲得に向け大きな期待が寄せられる。

しかし「楽な試合は1つもない」と2011年カタール、2015年オーストラリアの2大会で背番号10をつけた香川真司(現ドイツ・ドルトムント)が語気を強めていたように、この大会は死闘の連続となるのが常だ。

4度目のアジア王者に輝いた8年前を思い返しても、初戦・ヨルダン戦を吉田麻也(イングランド・サウサンプトン)の後半ロスタイム劇的弾で1-1のドローに持ち込んだところから、早くも苦戦を強いられた。

続く第2戦・シリア戦では守護神・川島永嗣(フランス=ストラスブール)が退場し、松井大輔(J2・横浜FC)も負傷離脱。準々決勝・カタール戦でも吉田がレッドカードを食らうなど、予期せぬアクシデントが続いた。

そんな中、重要な働きを見せたのが、バックアップのDF岩政大樹(解説者)だった。第3戦・サウジアラビア戦の後半18分から大会初出場を飾った彼は、大会の成否を分けたカタール戦で吉田退場後の最終ラインに入り、確実に守備を固めた。

2011年のアジアカップに強いこだわりがあった岩政

「あの大会の僕は足裏の肉離れをしていたんです。代表メンバー発表2日後の天皇杯準決勝でケガをして全治3~4週間と診断されました。アジアカップ開幕までは2週間しかない。普通に考えたらムリだったけれど、僕はどうしても行きたかった。当時29歳で、2014年ブラジルワールドカップの時は32歳。それは厳しいと感じたし、あのアジアカップが最後の大舞台になる可能性があったんで、強いこだわりがありました。

ザックさん(アルベルト・ザッケローニ監督=現UAE代表監督)も『開幕前日までに練習に復帰できれば最終メンバーに入れてやる』ということだったんで、必死に直そうとした。実際、開幕時は激痛でしたよ(苦笑)。

それでもザックさんは少しずつ使ってくれるようになった。特に大きかったのはカタール戦。麻也が退場して突然起用されたけど、何とか自分が守備陣を安定させることができましたね」

次ページ死闘になった準決勝・韓国戦
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。