岩政大樹の死闘の記憶、2011年アジアカップ

日本代表を変えたのは「本田世代」だった

その本田らが日本代表から去り、2019年アジアカップに挑むのはさらに若い世代だ。

中心になるのは大迫勇也(ドイツ・ブレーメン)や柴崎岳(スペイン・ヘタフェ)らロシアワールドカップ16強戦士だが、ロシアさえも知らない中島翔哉(ポルトガル・ポルティモネンセ)、南野拓実(オーストリア・ザルツブルク)、堂安律(オランダ・フローニンゲン)らが攻撃の軸を担う。彼らの世界基準は一層高いところにあると岩政は指摘する。

2011年のアジアカップの時に似ている

「柴崎岳の世代くらいから次のスタンダードに入っている感じはします。本田たちが駆け上がっているところを彼らは育成年代で見ているんで『ビッグクラブに入るのがすごい』ではなくて『入るのが当たり前』くらいの意識レベルにある気がする。

岩政 大樹(いわまさ だいき)/元日本代表サッカー選手。1982年山口県生まれ。東京学芸大学卒業後、2004年鹿島アントラーズ入団。2014年タイのEECテロ・サーサナ、2015年ファジアーノ岡山、2017年東京ユナイテッドを経て2018年現役引退。2009年10月に日本代表デビュー、2011年アジアカップ優勝メンバー。国際Aマッチ8試合出場(撮影:今 祥雄)

行けるかいけないかは別として、そういう基準でやっているのは頼もしいですね。

今回のアジアカップは2011年の時に似ている。

あの時は南アフリカで活躍した本田や長友たち若手がアグレッシブなサッカーで優勝を導いたけれど、今の若手にも勢いがある。

ロシアでアグレッシブなサッカーをやった後のアジアカップなので、次のステージ行ける期待は大きいし、楽しみですよね」

日本はトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと1次リーグを戦う。そこで勝ち上がれば、2015年大会王者・オーストラリアや永遠のライバル・韓国らとの対戦が待っている。そこで8年前を彷彿させる粘り強さとタフさを示し、結果を出していくことを代表OBの岩政も強く願っている。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。