問題だらけで年越し「中東」は2019年も危うい

サウジもシリアも問題は片付いていない

トルコは、クルド人民兵勢力に対する攻撃態勢を整えており、アメリカの後ろ盾を失うクルド人たちはIS掃討戦を放棄し、トルコ軍とクルド民兵の間で戦闘が激化しかねない。さらには、クルド側が拘束している約1000人のIS戦闘員が混乱に乗じて逃げ出すおそれもある。

アメリカ軍の撤収がシリア内戦の勢力バランスに与える影響は、トルコとクルド民兵の対立にとどまらない。シリア北部イドリブ県は、反体制武装勢力の最後の有力な拠点になっているが、アメリカ軍という重しがなくなることで、シリア政府軍が総攻撃に踏み切る可能性もある。

2018年の外交的な勝者はトルコ

シリアに兵を置くロシアやイランもアメリカ軍撤収によって影響力を強めることは確実。イスラエルにとっては、イランの脅威がさらに高まることになり、軍事的な圧力を強めざるをえないだろう。

2018年の外交的な勝者はトルコだ。トルコは、イスラム大国の地位を争うサウジアラビアの威信を、カショギ氏殺害事件を通じて打ち砕くことに成功した。サウジアラビアとの同盟関係を中東安定の要石とするトランプ政権からこの事件を通じて譲歩を引き出し、クルド民兵掃討作戦に道を開くアメリカ軍撤収にとどまらず、地上配備型迎撃ミサイル・パトリオット(PAC3)の改良型「PAC3MSE」の調達を確実にした。

北大西洋条約機構(NATO)加盟国であるトルコは、ロシアにも接近することで、米ロ対立を利用して外交的な利益を促進してきた。ロシアから最新鋭地対空ミサイルシステムS400を購入する意向を示してきたが、これをどうするのか。

アメリカ軍がシリアから撤退することで、中東でロシアが影響力を強めることになり、ロシアとの関係も軽視できない。クルド民兵に対する不用意な軍事作戦も泥沼を招きかねない。2019年は、米ロに対する二股外交のソフトランディングに向け、エルドアン大統領の手腕が問われそうだ。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT