記者も悩む「イエメン」あまりにも悲惨な現状

ジャーナリズムにできることは何なのか

アマル・フセインは、この写真が撮影された数日後、わずか7歳でこの世を去った(写真:Tyler Hicks / The New York Times)

イエメンの首都サヌアのレストランに行くと、じっくり時間をかけて調理されたラム肉が山盛りのライスとともに何皿も運ばれてきた。デザートは、チーズたっぷりでこんがり焼けた伝統的なアラブの菓子、クナーファだ。

その1時間後、仕事に戻って訪れた病院では、栄養失調で顔も骸骨のようにやせた子どもたちが、お金とおいしい食べ物を求めて生と死の間をさまよっていた。

食糧を手に入れられる人はごくわずか

こうした現実が隣り合わせであることに、衝撃や不快感すら覚えるかもしれないが、それは私も同じだ。

危機的な状況にある地で、著しい対比が見られることはよくある。しかし、イエメンではその格差がとりわけ厄介だ。問題は食糧が不足していることではない。食糧を手に入れる余裕がある人がごく限られていることだ。

長らく続く国境の封鎖、爆弾攻撃、急激なインフレーションで経済は壊滅状態にある。壊滅した国にはセーフティーネットが存在しない。

その結果、商品があふれたスーパーマーケットの外に物乞いの人々が集まる。飢えた人々が草を煮て食べている町の市場には、農産物が多く並んでいる。高級レストランから数百メートル離れたところには、飢えた人々が収容される、絶望と苦悩と死が蔓延した病院がある。

問題は食料不足ではなく、食料を手に入れる余裕のある人が少ないことだ(写真:Tyler Hicks / The New York Times)

記者にとっては、それがジレンマとなる。ジャーナリストは宿泊や移動、通訳の確保のために通常アメリカドルの束を持ち歩く。その現金のごく一部が飢えた家族の役に立つことがあるかもしれない。私は立ち止まり、ノートを置いて、人々に手を差し伸べるべきなのだろうか?

イエメンの迫りくる飢饉について私たちが取り組んだ記事が最近ニューヨーク・タイムズに掲載されると、読者からこうした疑問が寄せられた。

次ページ死に瀕した7歳の少女の写真
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。