デキない営業ほど陥る「ダメな質問」の仕方

「イエスかノーか」で聞かねば話は進まない

いいところで、お客さんに逃げられてしまう「質問の仕方」もあります(写真:マハロ/PIXTA)
自宅や会社に強引なセールスの電話がかかってきて「不愉快な思い」をしたことがある人は少なくないでしょう。
営業やテレアポという仕事に対して、「キツそう」「心が折れそう」「なかなか契約が取れなさそう」「絶対に就きたくない」というイメージを持つ人もいるかもしれません。一方で、いとも簡単にアポイントにこぎ付けてしまう営業マン(またはアポインター)もいます。
嫌な顔をされ門前払いされてしまう営業マンと、喜ばれ感謝されながら瞬く間に契約にこぎつける営業マンは何が違うのか。『電話だけで3億円売った伝説のセールスマンが教える お金と心を動かす会話術』の著者、浅川智仁氏は「質問力の差」を指摘します。

「拡大質問」でアポ取りに失敗

突然ですが、デキる営業マンと聞いて、どんな男性(または女性)を思い浮かべますか?

「話し上手で、エネルギッシュな人」という答えがあるかもしれません。私が営業成績の振るわない人の相談に乗っていると、決まって出てくるのが、

「口下手なので話すのが何より苦手で……」

「口がうまくないので営業なんて向いていないんです」

という話なんです。

ただ、実際はそうでもありません。「口下手」だったり、「物静かなタイプ」だったりする人が、営業成績ナンバーワンであることは珍しくないのです。

口達者だからといって必ずしもモノが売れるかと言えばそうではありません。相手に確実にイエスと言わせ、目標を達成するためには「話す内容」よりも、「質問の仕方」にポイントがあるのです。

次ページアポを取れない営業マンがしがちな質問
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT