仕事ができない人は一流を手本にできてない

正しい「型」を身につけなければ成果は出ない

優れた成果を出す先輩から同じやり方を学ぶのが肝要です(写真:scyther5/iStock)

平昌オリンピックで日本選手団は過去最多の13個のメダル獲得と大躍進しました。今回の冬季五輪の選手の方々をはじめ、一流と呼ばれる選手には、それぞれ独自の「型」があります。

たとえばスピードスケートの小平奈緒選手は、オランダ留学時に「怒った猫のように両肩を上げなさい」と指導された独特のフォームで、500mで金、1000mで銀と2つのメダルを手にしました。ほかには、ラグビーの五郎丸歩選手のプレースキック、野球のイチロー選手が以前に駆使していた振り子打法や、少し古いですが野茂英雄選手のトルネード投法などが、「型」のわかりやすい例でしょう。

一流選手は、こうした自分の「型」を非常に大事にします。そして素振りなどの「フォーム練習」が重要視されます。それも、何度も何度も繰り返して、まさに動きの「型」を体にしみ込ませていきます。また、プロのアスリートの方々は、一流となった現在でも、フォーム練習を欠かすことはありません。それはなぜでしょうか?

「型」は、実証されてきた成果を出すための方法論

結論から言ってしまうと、フォームとは、実践知や理論的な研究から実証された、「再現性をもって、最も成果を出せる方法論」だからです。そのフォームを反復練習して、「考えなくとも実践できる」状態にまで習熟度を上げることで、限られた時間の中で、わずかな瞬間も浪費することなくパフォーマンスを発揮しているのです。

次ページ仕事においても、一流の「型」は存在する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。