「3年で大手企業離職」は、賢明それとも逃げか

社会人の声から「仕事とは何か」を考える

大手企業を早期に退職するのは「賢明」か「逃げ」か?(写真:Fast&Slow / PIXTA)
ある大手企業に勤めていた入社3年目の若手社員が、理不尽な上司に耐えかねて、異動を申し出るもかなわずに退職しました。「賢明」だと思いますか?それとも「逃げ」だと思いますか?

例えばこんな問いがあったとする。「賢明」か「逃げ」か、その答えはきっぱりと分かれるだろう。より詳しい背景や事情を聞かなければ判断できないという意見もあるはずだ。正解があるわけではないからこそ、多くの議論を生みそうだ。

「就職四季報」特設サイトはこちら

リクルートキャリア働く×就活取材班は、8月11日の配信記事で、「『就活勝ち組』たちが早期退職を決断した理由」を掲載した。大手企業に就職して3年以内に離職した若者の体験談だ。お局社員の陰口にうんざりするなど人間関係に悩んで転職した女性や、海外赴任の希望が叶わず、やりたいことを追求するために飛び出した男性のエピソードを紹介している。

3年で大手を辞めたエピソードに大きな反響

言うまでもなく、その正誤を問う意図はない。記事のねらいは、就活で安易に大手企業を選ぼうとする学生に対し「ネームバリューで就職先を選んでも、働く場として最適とは限らない」と、先輩たちの経験から理解してもらうことだった。さらに願わくは、目先の就活にとらわれずに、「自分が働き続けるモチベーションは何だと思うか」を考える材料になればと考えていた。

次ページ意見は大きく3つ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。