恐竜はヒトの800倍超の1億6000万年栄えた

ほんの少しだけど「大人のための恐竜入門」

ティラノサウルスの両眼視の度合いは、ハンター性質を裏づける。スカベンジャー(屍肉あさり)であったとする説もあるが、骨格を見る限りハンターを極めたデザインとしか考えられず、到底、信じられない。

余談だが、人間も両眼が前を向く。類人猿は樹上生活から進化し、木を飛び移る運動から立体視の必要があった。

さてティラノサウルスの成体は走れなかったと考えられる。動きが鈍いという意味ではない。「走る」とは両足が宙に浮く瞬間があることを言うが、推定6トンの体重では、一歩ごとにジャンプすることは難しい。しかし、足が長いので、歩いてたいていの獲物を上回る速度が出せた。ジュラシックパークの映画でジープを追うティラノは、走らず早歩きしていたのである。

大量の植物を消化する「竜脚下目」

次に巨大恐竜の代名詞、竜盤類の竜脚下目を概観しよう。長い首と尾、太い胴体、推定数十トンの体重から、いかにも巨大生物の風格を体現するグループである。アパトサウルス、ディプロドクス、カマラサウルス、アルゼンチノサウルス、スーパーサウルスなど、全長20~30メートル超級の種が多数属する。

首をスイープさせ、植物を大量に食べる竜脚下目(写真:MIRO3D / PIXTA)

竜脚下目は 、大量の植物を、掃除機のごとくに食べ集めるマシンである。首と尾を前後に浮かせ、橋梁のように四肢と脊柱で支える。さらに、長い首をスイープさせ、広範囲を掃くようにしてシダ類などの裸子植物を食べた。頭は軽量で、歯は食いちぎることに特化した櫛の歯のような形状で、噛まずに丸呑みし、大量の胃石で食物をすりつぶして消化していた。栄養価の低いシダ類を大量に腹に詰め込む戦法が、この体型を生み出した。

同じ植物食でも、後の白亜紀に栄えた鳥盤類のカモノハシ竜が、数千にも達する奥歯と頬をもって被子植物を咀嚼(そしゃく)したのと対照的である。プラテオサウルスなどの古(原)竜脚下目も、類似した外形を持つ。これらは、一時は竜脚下目の祖先とされたが、指の数がドローの法則(生物進化の過程で、一度失われた形態は再び獲得されない)に合わないなどの理由から、独立に類似の体型を発達させたものと考えられる。この体型も、各地で繁栄につながった。

次ページ恐竜絶滅の謎をめぐる学者たちの葛藤
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。