8歳児「パパの単身赴任」に本音を語った瞬間 子どもの本音を引き出す感情の研究とは何か

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

健也さんの辞令が出たのは赴任の3週間前。急な出来事に家族は当然、戸惑った。「その時まずね、僕の中に『びっくりちゃん』が来たの。こんな感じ。すごく驚いた。それですぐにそれが今度、怒りくんに変わったの」。

パパの単身赴任の話を聞いた時、まずびっくりしたという幾望くん。その時は表現できなかった気持ちを絵にして教えてくれた(撮影:江連麻紀)

サラサラと描く「怒りくん」は頭に角を生やして怒っている。何に怒ったのか?

「パパが、断らなかったこと。ここにいたいですって(会社に)言ってくれなかったこと。そこから『怒りくん』は『悲しいちゃん』になったの。パパが本当に行っちゃったから。悲しいちゃんはね、怒りくんの進化系なんだよ」

子どもなりにいろんな感情を経ている

悲しみは怒りの進化系。怒りの1次感情は悲しみだということを、幾望くんは「研究」を通してこの歳で感覚的に理解していた。さらに続く。

「それからね、『がんばろうくん』が来た。パパがいなくなって3日目。例えば暗い1階に行く時、学校に行く時、がんばろうくんが『怖いけど、びっくりしたけどがんばろうって言ってくれるの』。そうすると怒りは治ってきたの。この子には役割があるんだ」。

この感情の分析には、健也さんも驚いていた。「今回の会議でも、新たな子どもの視点が見えましたね。悲しんでいるのはわかっていたけれど、こうやって話してもらえるまでは、もっと単純に寂しいのかなと思っていた。子どもなりに、いろんな感情を経ているんだということがわかって、またそれを話してくれたことが新鮮でしたね。すごくがんばって適応しているんだなという感じが伝わってきました」。

実はこうした感情の研究は、精神保健福祉のソーシャルワーカーである梓さんが仕事で用いる技法を生かしている。北海道浦河町で精神疾患を持つ人たちが、自らの症状や行動を研究する「当事者研究」という支援のスタイルを基にしたものだ。

次ページ当事者研究は、精神保健福祉の世界でなくても生かせる
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT