日本の女子へ、1年間自由に過ごせ!旅に出よ

リンダ・グラットン「聖心女子大学」特別講義

世界的ベストセラー『ライフ・シフト』著者、リンダ・グラットン氏は、日本の女子大生に何を語ったのか?(撮影:今祥雄)
発売以来ロングセラーとなり、ついに32万部を突破したベストセラー『ライフ・シフト』。
2018年12月7日、創立以来、リベラルアーツ教育に力を入れ続けている聖心女子大学にて、共著者のリンダ・グラットン氏による特別講義「日本の女子大学生に届けたいライフ・シフトのメッセージ」が行われた。
このイベントでは、教育、起業、結婚、アイデンティティなど、幅広いテーマについて語られ、同大の澤野由紀子教授が司会を務めた。100人近くが参加した熱い講演の模様をお届けしよう。

教育再編が人生の質を左右する

澤野由紀子(以下、澤野):「人生100年時代」という言葉は、いまや政策立案や生涯学習の現場で取り上げられる重要なキャッチフレーズとなって、国や地方のレベルでの対策が議論されています。心理学を専門とするグラットンさんは、どのような動機で『ライフ・シフト』を執筆されたのですか?

『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』は、32万部のベストセラーとなっている(画像をクリックすると公式サイトにジャンプします)

リンダ・グラットン(以下、グラットン):私は心理学者ですから高齢化は専門ではないのですが、これまで20年間、「将来をどのように捉えればいいのか?」という点に関心を寄せてきました。そこでまず2012年、私の人生がどういったものだったかを振り返りたいという気持ちで『ワーク・シフト』という本を書き、その後『ライフ・シフト』を書きました。

超長寿化という現象をどう受け止めて対処していくのか、それが人生の質や幸せの度合いを左右するだろうと思ったのです。長寿化については、日本は西洋諸国よりも顕著ですよね。

澤野:人生100年時代に対処していくために、大学という場にはどのような役割があるのでしょう。聖心女子大学は、リベラルアーツの単科大学ですが、大学院や学部にも少しずつ成人の学生が増えています。社会に出て何年かキャリアを積まれた方、子育てを終えた女性などの再入学です。グラットンさんは、人生が教育、仕事、引退の3ステージから、マルチステージ化していくと示されましたね。生涯学習の現場では、そのような変化にどう対応できると思いますか?

次ページまずは教育制度の再構成を
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。