PTAが疲れるのは「日本だから」かもしれない

純粋に楽しむスペイン人たちとの差

その理由の推測のひとつがマンガで描いたようなことですが、そのほかにもリサーチ結果でわかった「これなら楽しくやれるかも、これはいいな」と思った例をいくつか紹介します。

・仕事が多い学校では、PTA経費を使って専任のスタッフを雇っている。その専任スタッフと役員が共同で仕事をする。
・PTA主催の行事にはPTA会員以外も参加できるが、会員だと割引が適用されるのでオトク感がある。
・役員になっても、仕事などには配慮して、できる範囲の量と時間で仕事する。
・役員の努力によって子どもの学校生活がよくなるし裁量権もあるのでやりがいがある。
・日本よりは細かいルールが少なくて自由度が高い(逆にゆるすぎる学校もある)。
・ミーティングの雰囲気も和やかで部活のような雰囲気。

もともと「自主的」な組織だった

日本のPTAの実際と比べてどうですか? 私はまだ小学校PTA初心者ですが、もしかしたら海外のPTAには、日本でPTAにつかれている人たちにとってヒントになる部分がたくさんあるのかもしれないな……と思ったので今回紹介してみました。

ちなみに「PTA」の発祥はアメリカで、ある母親たちが「自主的に」始めたところから始まったそうです。

さて、皆さんがPTAを経験したときはどうでしたか? 参加は「自主的」でしたか? 「強制」でしたか? 「楽しかった」ですか? よかったらコメント欄で教えてください!

 

この連載のサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」がオープンしました。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT