恋心が消えた夫婦にも「デート」が必要なワケ

もはや心理的にも物理的にも完全に無理?

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。
今までに何度か、定期的に「夫婦デート」をする国際結婚カップルを紹介してきましたが、今回はその夫婦デートをさらに掘り下げてみました。
「え~、やだ、今さら夫婦でデートなんて!」と思った人にこそ、実は夫婦デートが必要なのかもしれません。親がデートをしている間に子どもをどこに預けるかについても、いろいろな方法を紹介します。

 

いまさら夫婦でデートなんて?

次ページデート=ラブラブに過ごす時間じゃない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT