恋心が消えた夫婦にも「デート」が必要なワケ

もはや心理的にも物理的にも完全に無理?

この連載の一覧はこちら
家事や育児、介護などの分担をめぐって、家族間で言い争いが増えて、いつのまにか一緒にいて心地よい存在だったはずの家族が「つかれる存在」になってしまった……そんな話を聞くことがよくあります。
どうして自分の不満が家族に伝わらないの? どうしたら「つかれない家族」になれるの?
そんなふうに「つかれる家族」と「つかれない家族」を考察するこの連載。
今までに何度か、定期的に「夫婦デート」をする国際結婚カップルを紹介してきましたが、今回はその夫婦デートをさらに掘り下げてみました。
「え~、やだ、今さら夫婦でデートなんて!」と思った人にこそ、実は夫婦デートが必要なのかもしれません。親がデートをしている間に子どもをどこに預けるかについても、いろいろな方法を紹介します。

 

いまさら夫婦でデートなんて?

次ページデート=ラブラブに過ごす時間じゃない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT