長続きするカップルがやっている9つのこと

幸せな2人は「言われずとも」やっている!

幸せカップルが自発的にやっていることとは?(写真:pixdeluxe/iStock)

長く付き合っていて、いつも仲が良いカップルがいる。どんな時も支え合い、相手に感謝を忘れない人たち。相手のために何かするのを、純粋に楽しんでいる。

そんな幸せなカップルが、自発的にやっていることがあるという。一体何なのか、専門家たちに聞いた。

1. こまめに連絡をとりあう

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載です。元記事はこちら

「元気?」「あれどうなった?」。仲良しのカップルは、ちょっとしたこともメールや電話をします。約束に遅れそうな時や飛行機が到着した時に電話したり、帰る前に「何か買ってきて欲しいものはある?」と聞いたり。

いつも連絡を取り合うのは「あなたのこと考えてるよ」というメッセージ。相手とのつながりを感じられ、お互いが生活の大事な部分を占めるようになります。

――ウィニフレッド M. レイリー氏(結婚と家族のセラピスト)

大げさでなくてもいい

2. 褒め合う

「君は世界一の妻だ!」みたいに大げさに褒めなくてもいいんです。でも、何かしてくれたことに対するさりげないひと言、例えば「すごく美味しいディナーだった!」は大切です。

いつも褒め合わなくても、うまくいっているカップルもいます。でもほとんどの人は、自分のことをほんの少し認めてもらうと幸せです。幸せなカップルは、惜しみなく相手を褒めます。

――サマンサ・ロッドマン氏(心理学者、カップルセラピスト)

次ページ感謝することの大切さ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT