長続きするカップルがやっている9つのこと

幸せな2人は「言われずとも」やっている!

幸せカップルが自発的にやっていることとは?(写真:pixdeluxe/iStock)

長く付き合っていて、いつも仲が良いカップルがいる。どんな時も支え合い、相手に感謝を忘れない人たち。相手のために何かするのを、純粋に楽しんでいる。

そんな幸せなカップルが、自発的にやっていることがあるという。一体何なのか、専門家たちに聞いた。

1. こまめに連絡をとりあう

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載です。元記事はこちら

「元気?」「あれどうなった?」。仲良しのカップルは、ちょっとしたこともメールや電話をします。約束に遅れそうな時や飛行機が到着した時に電話したり、帰る前に「何か買ってきて欲しいものはある?」と聞いたり。

いつも連絡を取り合うのは「あなたのこと考えてるよ」というメッセージ。相手とのつながりを感じられ、お互いが生活の大事な部分を占めるようになります。

――ウィニフレッド M. レイリー氏(結婚と家族のセラピスト)

大げさでなくてもいい

2. 褒め合う

「君は世界一の妻だ!」みたいに大げさに褒めなくてもいいんです。でも、何かしてくれたことに対するさりげないひと言、例えば「すごく美味しいディナーだった!」は大切です。

いつも褒め合わなくても、うまくいっているカップルもいます。でもほとんどの人は、自分のことをほんの少し認めてもらうと幸せです。幸せなカップルは、惜しみなく相手を褒めます。

――サマンサ・ロッドマン氏(心理学者、カップルセラピスト)

次ページ感謝することの大切さ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT