長続きするカップルがやっている9つのこと

幸せな2人は「言われずとも」やっている!

幸せカップルが自発的にやっていることとは?(写真:pixdeluxe/iStock)

長く付き合っていて、いつも仲が良いカップルがいる。どんな時も支え合い、相手に感謝を忘れない人たち。相手のために何かするのを、純粋に楽しんでいる。

そんな幸せなカップルが、自発的にやっていることがあるという。一体何なのか、専門家たちに聞いた。

1. こまめに連絡をとりあう

本記事は「ハフポスト日本版」からの転載です。元記事はこちら

「元気?」「あれどうなった?」。仲良しのカップルは、ちょっとしたこともメールや電話をします。約束に遅れそうな時や飛行機が到着した時に電話したり、帰る前に「何か買ってきて欲しいものはある?」と聞いたり。

いつも連絡を取り合うのは「あなたのこと考えてるよ」というメッセージ。相手とのつながりを感じられ、お互いが生活の大事な部分を占めるようになります。

――ウィニフレッド M. レイリー氏(結婚と家族のセラピスト)

大げさでなくてもいい

2. 褒め合う

「君は世界一の妻だ!」みたいに大げさに褒めなくてもいいんです。でも、何かしてくれたことに対するさりげないひと言、例えば「すごく美味しいディナーだった!」は大切です。

いつも褒め合わなくても、うまくいっているカップルもいます。でもほとんどの人は、自分のことをほんの少し認めてもらうと幸せです。幸せなカップルは、惜しみなく相手を褒めます。

――サマンサ・ロッドマン氏(心理学者、カップルセラピスト)

次ページ感謝することの大切さ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。