「結婚生活」を劇的に改善させる6つの方法

難しく考えるより、まずは試してみよう

すべての人に当てはまる解決策はないけれど…(写真:TuelekZa / PIXTA)

社会心理学者のエリ・フィンケルは過去40年にわたって何千組もの夫婦を対象に研究を行い、結婚生活に対する人々の満足度が低下する理由についてこう説明している。それは、精神的な需要と供給の問題だと。

かつては親戚や、教会や趣味の集まりなど地域の人々が担っていた交流や精神的な支えをパートナーに求める人は多い。だが一方で、多くの夫婦は仕事や育児が多忙で、一緒に過ごす時間が少なくなっている。

ではどうすればいいのか? あなたが自分の需要を減らそうとしないかぎりは、唯一の解決策は供給を増やすことだ。パートナーを満足させるために、あなたはもっと努力することができる。フィンケルはその具体的な方法を新著『The All-or-Nothing Marriage(「妥協を許さない結婚」の意)』で説明している。

少しの時間と労力でできる実証済みのテクニック

しかし、ハードルが高そうだと思う人のために、フィンケルは「ラブハック」と名付けた簡単な方法もいくつか紹介している。毎週夜にデートをする時間をつくったり一緒に休暇を取ったりすることが難しい人は、フィンケルの研究で効果が証明されたその手っ取り早い解決策を使うといい。

フィンケルの定義によると、ラブハックは少しの時間と労力でできる実証済みのテクニックで、パートナーの協力を必要としない。

「それ(ラブハック)は急場しのぎの選択肢で、実践するのに月に数分しかかからない」とフィンケルは言う。「それで結婚生活がすばらしいものになるわけではないが、確実にものごとを改善できる。結局のところ、単純に夫婦関係を優先事項から外してしまうことで、閉塞感が生まれたり、より悪い状態になったりするのだろう」

人間関係に関してはすべての人に当てはまる解決策はないとフィンケルは考えているため、さまざまなラブハックを提唱している。あなたが気になるものを選んで、すぐに実行するよう彼はアドバイスしている。

次ページ自発的な行為ではないと頭ではわかっていても
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。