「カノジョ手当」を息子に支給する父親の思惑

自宅のプリウスも子どもが決めた

彼女ができた息子に「彼女手当」を支給する父。その思いとは…(イラスト:Masami Ushikubo)
『家族無計画』『りこんのこども』など家族に関する珠玉のエッセイを生み出してきたエッセイストの紫原明子さん。この連載でつづるのは、紫原さんが見てきたさまざまな家族の風景と、その記憶の中にある食べ物について。紆余曲折あった、でもどこにでもいる大人たちの過去、現在、そして未来を見つめる物語です。

回鍋肉とロマンスグレー

「そういえば、回鍋肉をおいしく作るコツ知ってる? 」

「どうするんですか?」

「炒める前のちぎったキャベツを、よく揉むといいんだよ」

「揉むって、塩で揉むんですか?」

「いやいや。そのままでぎゅっと。そうするとこんなふうに、タレがよくからむんだよ」

ある日の夜、2時間にわたる長いインタビュー取材を終えた私は、依頼主のSとともに、閉店間際の中華料理屋で遅い夕飯をとっていた。眼の前の皿に盛られた回鍋肉。自身のこだわりの作り方を語るSは57歳の、お洒落でジェントルな男性だ。すらりとした長身にロマンスグレーのロングヘアをひとつにたばね、トレードマークの黒のハットを被っている。

紫原明子さんによる新連載。この連載の一覧はこちら

名だたる企業の広告戦略の立案を生業とするS。都内にある彼の仕事場には、一般的な事務所とは少しだけ違うところがある。業務用の重厚な調理設備が一通り揃った、それはもう立派なキッチンが備えられているのだ。

打ち合わせではじめてSの事務所を訪れたとき、驚く私にSは言った。

「僕もうちの奥さんも、とにかく料理と酒が好きでね。家では交代でつまみを作りながら、翌日二日酔いになるまで飲んじゃうの。だから事務所にも友だちを呼んで、大勢で食べたり飲んだりできるように、キッチン付きの事務所を探したの」

隙あらば夫や子どもの話をするという女性は少なくないが、隙あらば妻や子どもの話をする男性というのはけっこう珍しい。Sはその珍しい中の一人だった。

次ページバカップルな両親と2人の息子
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。