結婚20年で修復不能になった男女の「その後」

離婚された52歳男性が忘れない「妻の一皿」

夫婦でいることはできなかったけれど、好物の味付けは別れた奥さんのもの以外は、うまくても「やっぱり何かが違う」(イラスト:Masami Ushikubo)
『家族無計画』『りこんのこども』など家族に関する珠玉のエッセイを生み出してきたエッセイストの紫原明子さん。この連載で綴るのは、紫原さんが見てきたさまざまな家族の風景と、その記憶の中にある食べ物について。紆余曲折あった、でもどこにでもいる大人たちの過去、現在、そして未来を見つめる物語です。

「別れた妻に好物を作らせるって、考えてみれば図々しい男だよね」

そう言うとYは、はは、と声をあげて笑う。今年52歳を迎えた友人Yの好物は、鶏肉とニンニクの芽の炒め物。それも、別れた奥さんの味付けでなければだめなのだという。

「妻と別れてからほかの子に作ってもらったこともあったけど、やっぱり何かが違うんだよね」

20年目の離婚

私とYが知り合ったのは3年前のことだ。出会ったきっかけは、共通の友人で作家のNに、こんなふうに紹介されたこと。

紫原明子さんによる新連載。この連載の一覧はこちら

「僕の友人の中でもあなたたちは特に、離婚をして幸せになった2人なんだよ」

Yが20年近く連れ添った奥さんと離婚したのは、今から5年前のことだった。

「まあよくあることだけど……」

離婚の原因を尋ねると、Yは困ったように笑いながら答えてくれた。

「俺が長い間仕事にばっかりかまけてたんで、妻の不満に気づかなかったんだよね」

Yは29歳の時に、父の営む建設会社を引き継いだ。外からは見えなかったが、中に入ってみると会社は多額の負債を抱え、今にも潰れそうだった。

そんな状況を長い間見て見ぬ振りをしてきた先代、つまり実の父への社員からの怒りは、息子であり、二代目社長となったYにそのまま向けられた。Yは途方に暮れたが、だからといって、家族や社員を路頭に迷わせることはできない。地をはうようにして駆けずり回り、10年かけて会社を再建した。

家族とゆっくり過ごす余裕がないことは、妻も十分に理解してくれていると思っていた。けれどすっかり会社が安定し、生活が落ち着いた頃になって、妻の口からYへの不満が少しずつ漏れ出るようになったという。

「俺はそこでようやく、寂しくさせてたんだなって気づいたんだよ。反省した。それからは、料理以外の家事はほとんど俺がやるようにしたし、妻がやれって言うんで、子どもの学校のPTA会長だってやった」

次ページいつかやり直せると信じていた
関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。