「日本のブランド」に思い切り欠けている視点

機能性や楽しさだけでは物足りない

企業不祥事が絶えない昨今だからこそ、企業ブランド戦略の真価が問われる(写真:interstid/iStock) 
消費者が大量の情報にアクセスできる現在、消費者との接点である「ブランド」をどのように展開し他社との差別化を図っていくのかが、企業戦略上いっそう重要になっている。『ブランド戦略論』を書いた中央大学ビジネススクールの田中洋教授に詳しく聞いた。

「ブランド全能感」の危うさ

──KYBの検査データ改ざんや日産自動車の検査時不正など企業の不祥事が後を絶ちません。本書では、ブランドが不祥事を生む経緯について迫っています。

ブランドが長期間、シェア上位にあり、競争相手が弱いとき、そのブランドを所有する企業に一種の「緩み」が生じることがある。

2000年に集団食中毒事件を起こした雪印乳業の社長が、記者会見を無理やり打ち切ってエレベーターに乗ろうとした際、追いすがる記者に「僕は寝てないんだよ」と言って印象を悪化させたことを、多くの人が覚えているのではないか。また、米カジュアルファッション「アバクロンビー&フィッチ」のCEOが、「われわれはかっこよくて見栄えのする人たちしか相手にしない」というようなコメントをして、消費者の不評を買ったこともある。

こうした発言は「当社のブランドは強いので、何を言っても平気だ」「わが社は間違いを起こさない」といった過剰な自信に起因する。ブランドが強力になる一方で、慢心が生まれる。こうした現象を私は、精神分析学者のフロイトが唱えた「全能感」という用語を援用して「ブランド全能感」と呼んでいる。

すべての子どもは発達段階時に「世の中の人はボク、アタシの言うことを聞いて当然だ」と思っている。成長するにつれ薄れていくが、大人になっても姿を変えて発現することがある。ブランドも強くなると、全能感がよみがえってくるのではないか。

次ページ日本企業は想像力に働きかける側面が弱い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT