イケアはなぜ今、原宿への出店を決めたのか

2020年春に日本初の「都市型店舗」を出店へ

原宿駅前でNTT都市開発が開発する複合施設の1~2階に、イケアが2020年春に出店する。同社が日本で都市型店舗を出店するは初めてのことだ(画像はイメージ図、イケア・ジャパン提供)

日本上陸から10年以上経っての挑戦は、吉と出るか、凶と出るか――。

スウェーデン発祥で世界最大手の家具専門店「イケア」が2020年春、日本で初となる都市型店舗を東京・原宿に出店する。日本法人のイケア・ジャパンが11月15日に発表した。

広さは通常のイケア店の10分の1

イケア・ジャパンは現在、仙台から福岡まで国内で9店舗を展開。郊外に構える巨大な店舗で、イケアの家具でコーディネートされたさまざまなショールームを客が時間をかけて見て回るスタイルが特徴だ。

イケアといえば、郊外で大型店舗を展開するのが主流だ。写真は千葉県船橋市の店舗(撮影:尾形文繁)

都内唯一の店舗である「イケア立川」は、都内とはいえ立川駅からモノレールに乗り継ぎ、最寄り駅からも7分程度歩く場所にある。郊外立地で重量のある家具を持ち帰るため、イケアの買い物客の多くは車で訪れるのが一般的だ。

それが今回出店を決めた店舗は、JR原宿駅から徒歩1分、駅のほぼ目の前という一等地に建つ。NTT都市開発が開発中の店舗や住宅が入る複合施設の1~2階にテナントとして出店する。店舗面積は約2500平方メートルと、立川や横浜にある通常のイケアと比べると10分の1ほどの“小型店舗”となる見通しだ。店舗コンセプトの詳細は今後詰めるが、他店と同様に飲食スペースを設けるという。

「今までイケアを訪れたことがなかった方々に知っていただく機会にしたい」(イケア・ジャパン広報担当者)。多数の若者が行き交う原宿で認知度を高め、新規客の獲得につなげる狙いだ。出店に関する発表資料では、「都市部での生活のニーズは今後も大きくなる。都市部出店という新しい手法へのさらなる投資を継続する」とも宣言した。

2006年に日本で第1号店を開いてから10年以上。このタイミングで都市型店の出店に舵を切ったのはなぜなのか。最大の要因は、車での来店や長時間の滞在を前提とする郊外大型店中心のビジネスモデルが限界を迎えている点にある。

次ページ郊外型店舗が苦戦する理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。