ボーっとしてると損をする「年末年始のお金」

チコちゃんの叱咤が大人の身にしみる

忙しさにかまけてうっかり年末を迎えてしまうと、まずいことが多々あるようです(写真:Arrlxx/iStock)

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と、5歳のチコちゃんにしかられる番組が大人気だ。決めゼリフは2018年の流行語大賞でトップテン入りも果たした。

別に、ボーっと生きてるわけじゃない。むしろ、大人は忙しく、ボーっとしたくても暇がない。5歳にとっては1年は長いだろうが、大人には音速、いや光の速さでびゅんと過ぎていく。気づけば年末に差し掛かっており、瞬きしている間に除夜の鐘が鳴り出しそうだ。

とはいえ、このまま年末を迎えると、まずいことが多々ある。お金を損しかねないことだってあるのだ。うっかりボーっとしていないか、次のことを確認しよう。

今年の「ふるさと納税」はもうすぐ締め切りです

ずいぶんメジャーになった「ふるさと納税」。仕組みをあらためて詳しく解説はしないが、ざっくりいえば、今の居住地以外の自治体にお金を寄付すれば、寄付金額のうち2000円を越えた分が控除され、節税になる。

この連載の記事一覧はこちら

確定申告をすれば所得税からは還付金が受け取れ、来年から引かれる住民税も安くなる。確定申告が面倒な人は、「ワンストップ特例」制度を選択すれば、寄付先の自治体が代わりに手続きをしてくれる(寄付先が5自治体までの場合に利用可能。ただし、会社員がこの特例を使った場合は、天引きされる住民税がまとめて安くなるだけで、所得税からの還付金はなし)。

今年の税金の控除を受けたいなら、年末までにふるさと納税を済ませなくてはいけない。自分が目いっぱい控除できる寄付金額がいくらなのかは、「ふるさとチョイス」「さとふる」などのふるさと納税ポータルサイトでシミュレーションできる。

次ページ年末に駆け込み申し込みをすると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT