マイクロソフト「中国AI研究所」最高峰の実力

中国エリート学生を惹きつける魅力は何か

2016年、上海で創業された「Clobotics(クロボティクス)」も、卒業生によるスタートアップだ。マイクロソフトが開発した画像認識のAIやIoTの仕組みを用いたサービスを展開している。

上海拠点のスタートアップ「Clobotics」は、ドローンのカメラに画像認識AIを搭載し、風力発電タービンの自動で点検を行う。人間が命綱をつけて行っていた作業の代替となる(写真:Clobotics)

中国の大手電力会社には、カメラを搭載したドローンによる風力発電タービンの自動点検ソリューションを提供。また、コンビニなどの冷蔵庫の扉の裏にカメラモジュールを取り付け、何がいつ売れたかをリアルタイムでわかるシステムを、米コカ・コーラに導入した。

これまでに約25億円を調達した同社のジョージ・ヤンCEOは、「中国を実験場として、グローバル規模にビジネスを拡大したい」と意気込む。

グーグルやフェイスブックも中国で拡大

20年の歴史の中で、MSRAはマイクロソフトの技術革新、そして中国のAI人材育成を率いてきた。そして今年9月には上海に新たな研究所を開設するなど、研究開発を一層加速させる計画だ。ただ、競合各社も黙ってはいない。

グーグルは昨年12月、MSRAと同じ北京にAI研究所を開設した。同社の検索エンジンは中国政府が求める自主検閲を中止し、2010年以降、同国で使えなくなっている。

それでも、クラウド部門の前チーフサイエンティストで、中国出身のフェイフェイ・リー氏は発表当時、「AIがもたらすメリットには国境はない」として研究所の意義を強調した。今夏にはグーグルが検索エンジンの自主検閲を再開し、中国への再参入を計画していることが明らかになった。社内外で激しい反対の声が起こったが、それだけ可能性のある市場なのである。

さらに今年7月、米フェイスブックも中国子会社を設立することが報じられた。中国ネット通販大手アリババ・グループが本拠地を置く杭州に、研究開発拠点を設ける方針だ。ただ、中国当局からの承認は下りていないもよう。フェイスブックも中国では利用できない状態だが、人材獲得において現地拠点は重要だといえる。

20年前は想像もつかなかった中国の“AI大国化”。今や中国のAI関連特許の申請数はアメリカの5倍超の水準になった。MSRAは影でそれを支えてきたが、今後も競争力を維持できるかは未知数だ。アリババのほか、検索大手のバイドゥやチャットアプリ「WeChat」などを展開するテンセントなど現地企業も研究を加速している。中国を舞台にしたAIの開発競争は、激しさを増すばかりだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT