王者アマゾンを脅かす「クラウドAI」開発競争

マイクロソフト・グーグルの頭脳集団が猛追

グーグルが米オクラホマ州に置くデータセンターの内部。膨大な数のサーバーが並ぶ(写真:Google)

米ライドシェアサービス「ウーバー」の運転手は、乗務を始める前にアプリで顔写真を撮る。すると、アカウントに登録された本人と同一人物かどうかがAI(人工知能)にチェックされ、承認されれば運転を開始できる。

実はこのAI、開発したのはウーバー自身ではない。米IT大手のマイクロソフトが自社のクラウド上に開発したAIシステムだ。

同社のクラウドサービス「アジュール」では、アプリなどの開発者向けに、オープンな機械学習のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を提供している。自分のアプリとクラウド上のAIをつなぐ仕組みだ。APIを使えば、画像や音声の認識、翻訳といった機能をアプリに組み込める。

クラウド事業が急成長

AIを“民主化”する──。マイクロソフトは今、そんなビジョンを掲げる。誰でも気軽にAIを使えるようにするのが狙いだ。APIはその一例であり、世界中のデータセンターを通して、誰でもこのAIコンピュータにアクセスできる。データの処理量や回数などに応じて課金される。

マイクロソフトが展開する顔認識AIはあらかじめ登録した人物の認識のほか、感情や年齢の判別もできる(記者撮影)

アジュールはここ数年、急成長を遂げている。直近2017年10~12月期では、クラウド事業全体の売上高が前年同期比15%増の78億ドルだったが、アジュールだけでは倍増となった。

「今後、AIがクラウドの成長の原動力になる。新たなアルゴリズムを開発し、それを大規模に活用するには、クラウドの計算能力が必須になる」。そう語るのは、マイクロソフトのAIビジネスを統括するバイスプレジデントのスティーブン・グッゲンハイマー氏だ。

次ページマイクロソフトAIの源流
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT