王者アマゾンを脅かす「クラウドAI」開発競争

マイクロソフト・グーグルの頭脳集団が猛追

グーグルが米オクラホマ州に置くデータセンターの内部。膨大な数のサーバーが並ぶ(写真:Google)

米ライドシェアサービス「ウーバー」の運転手は、乗務を始める前にアプリで顔写真を撮る。すると、アカウントに登録された本人と同一人物かどうかがAI(人工知能)にチェックされ、承認されれば運転を開始できる。

実はこのAI、開発したのはウーバー自身ではない。米IT大手のマイクロソフトが自社のクラウド上に開発したAIシステムだ。

同社のクラウドサービス「アジュール」では、アプリなどの開発者向けに、オープンな機械学習のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を提供している。自分のアプリとクラウド上のAIをつなぐ仕組みだ。APIを使えば、画像や音声の認識、翻訳といった機能をアプリに組み込める。

クラウド事業が急成長

AIを“民主化”する──。マイクロソフトは今、そんなビジョンを掲げる。誰でも気軽にAIを使えるようにするのが狙いだ。APIはその一例であり、世界中のデータセンターを通して、誰でもこのAIコンピュータにアクセスできる。データの処理量や回数などに応じて課金される。

マイクロソフトが展開する顔認識AIはあらかじめ登録した人物の認識のほか、感情や年齢の判別もできる(記者撮影)

アジュールはここ数年、急成長を遂げている。直近2017年10~12月期では、クラウド事業全体の売上高が前年同期比15%増の78億ドルだったが、アジュールだけでは倍増となった。

「今後、AIがクラウドの成長の原動力になる。新たなアルゴリズムを開発し、それを大規模に活用するには、クラウドの計算能力が必須になる」。そう語るのは、マイクロソフトのAIビジネスを統括するバイスプレジデントのスティーブン・グッゲンハイマー氏だ。

次ページマイクロソフトAIの源流
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。