王者アマゾンを脅かす「クラウドAI」開発競争

マイクロソフト・グーグルの頭脳集団が猛追

アジュールのターゲットは企業だ。「オフィス」シリーズに代表されるように、マイクロソフトはこれまで多くの企業と強固な関係を築いてきた。AIの土台となったのも、オフィスや16年に買収したビジネスSNSのリンクトインなどから集められた、ビジネスに関する膨大なデータである。

パワーポイントの最新版では、日付を認識し自動的に年表にしてくれるAI機能がある(記者撮影)

クラウド上のソフト「オフィス365」にもさまざまなAIの機能が搭載されている。たとえばパワーポイントには、スライド内に書かれた年月日を認識し、自動的に年表にしてくれる機能がある。

AI開発には、つねにアルゴリズムを洗練させる研究が必要になる。同社は16年に研究所を再編し、現在AIの専門組織の下に約8000人の人員を抱える。

その先に見据えるのが、“アマゾン超え”だ。クラウドビジネスの頂点に立つのが、米アマゾンが展開する「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」。3割強のシェアで他を圧倒する。ただ成長率だけを見れば、マイクロソフトはアマゾンを大きく上回る。

グーグルとマイクロソフトがAIで拮抗

同じようにクラウド事業が急成長しているのが、米グーグルだ。年間の売上高は推計40億ドル規模。同社は検索エンジンやマップ、ユーチューブといった10億単位のユーザーが利用するサービスの膨大なデータを抱える。それを活用した機械学習APIを提供し、やはりAIの民主化を標榜する。

アマゾン1強に挑むマイクロソフトとグーグルは、AIにおいては一枚うわてだ。クラウドビジネスに詳しい米調査会社ガートナーのアナリスト、エド・アンダーソン氏は「両社はAIサービスを使いたい客を取り込めている。(AWSと比較すると)長期にわたって収集してきた膨大なデータ、継続的なテクノロジーへの投資、AIの高い能力を示せるだけのアプリケーションをそろえていることが大きな強みだ」と評価する。

AIの開発競争でしのぎを削るマイクロソフトとグーグル。両社のAIによる画像や音声の認識率は、すでに人間の値を超えたとのデータもある。今後の焦点は、「カスタマイズしやすいAI」だ。企業のニーズは多様な一方で、基本的なAPIでは機能が限られる。

たとえば画像認識のAPIに車の写真を読み込ませても、ただ「車」としか認識しない。「プリウス」「フィット」といったように特定の車種を見分けるようにするには、機械学習の専門家がプログラミングを行い、大量のデータを読み込んで学習させる必要があった。

次ページAI専用半導体まで自社開発
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT