マイクロソフト「中国AI研究所」最高峰の実力

中国エリート学生を惹きつける魅力は何か

優秀な学生や研究者を引き込んできたMSRAだが、一方で7000人もの“卒業生”を生んでいる。200人以上は世界のトップ大学で教鞭を執り、100人以上はスタートアップを起業、そのうち5社はいわゆる「ユニコーン」(未上場で評価額が10億ドル以上)企業だ。さらに20人近くが大手テック企業の経営陣の一角を占めているという。

実際、MSRAの初代所長であるカイフ・リー氏は2005年にマイクロソフトを退社し、米グーグルに電撃移籍。同社の検索エンジンの精度向上に大きく貢献した。その後はベンチャー投資家に転じている。また、先述の画像認識コンテストで優勝した研究チームで、アルゴリズム開発を率いたカイミン・フー氏は、コンテストの翌年に米フェイスブックの研究部門に移った。

「グーグルより2年進んでいる」

一方で、中国のスタートアップコミュニティ拡大に貢献しているのも事実だ。卒業生によるスタートアップの1つ、「AirDoc(エアードック)」は、2015年に北京で設立された。マイクロソフトのクラウド上に画像認識のAIアルゴリズムを開発し、目の網膜の画像から病気を診断するシステムを作った。中国トップ20のうち15の病院に導入され、これまでに800万の網膜画像をスキャンした。

マイクロソフト出身で、医療用画像認識AIベンチャー「AirDoc」を立ち上げたレイ・チャンCEO(記者撮影)

中国では糖尿病の広がりが問題視されており、1億人超の患者がいると推定されているが、そのうち3割程度しか罹患していることを知らない。エアードックのシステムでは、糖尿病の合併症である「糖尿病網膜症」を97%の確率で検知できるという。

エアードック創業者のレイ・チャンCEOは、「ヘルスケアAIの分野で実際に病院に販売されているものは少なく、これだけの画像を集め、AIに学習させた例もない。グーグルも同様の研究をしているが、われわれは2年先に進んでいる」と胸を張る。現在診断が可能なのは30の病気だが、将来的には200以上に広げたい考えだ。10以上の日本の病院からも問い合わせが来ているという。

次ページグーグル、FBも黙ってはいない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT