まるで民主党員?マティスは辞任するのか

政権内でトランプ大統領は孤立している

ジェームズ・マティス国防長官が辞任をすればトランプ大統領にとってダメージは途方もなく大きい(写真:AFP/アフロ)

アメリカのドナルド・トランプ大統領は、10月14日放送のCBSテレビのインタビューで、ジェームズ・マティス国防長官を「民主党員のようなところがある」と評し、同長官の辞任の可能性について否定しなかった。当のマティス長官は「どの党にも与しない」と明言し、辞任の意思がないことを表明した。

この連載の一覧はこちら

しかし、マティス辞任論はくすぶり続けている。「ウォーターゲート事件」の調査報道で著名なジャーナリストのボブ・ウッドワード氏の近著で、マティス長官はトランプ大統領のことを「小学5~6年生レベル」と評したと記述され、それがきっかけで2人の不仲説が取りざたされているからだ。マティス長官は声明で完全否定している。

「解任」ではなく「肩たたき」か

トランプ大統領は前述のテレビインタビューで、マティス国防長官の去就について、トランプ氏一流の言い回しでこう述べている。「彼は政権を去るかもしれない。いずれは誰もが政権を去ることになる。ワシントンというところはそういうところだ」と。

筆者のみるところ、仮にマティス国防長官が辞任するとしても、それはレックス・ティラーソン前・国務長官のような「解任」ではなく、おそらく「肩たたき」のようなことになるのではないか。マティス氏は、前述のような悪口を言う最後の人と言うべきであり、トランプ氏とマティス氏の仲は、決して不仲とは思えないからだ。

トランプ大統領にとって、マティス国防長官辞任のダメージは途方もなく大きい。マティス氏は歴戦の強者であり、「孫子の兵法」を心得ている希有な戦略家でもある。いま軍事的に台頭してきている中国を抑え込むことができるのは、いまのところマティス氏をおいていない。貿易で中国を抑え込むことができるのも、その前提として、「兵法」を含む軍事全般で中国を抑え込むことができるかどうかにかかっている。

次ページ「黄金コンビ」だった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。