「米津玄師」の曲がロングヒットし続ける理由 その「完全栄養食」としての音楽の魅力を分析

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
印刷
A
A

思い出したのは、安全地帯のことだ。「ワインレッドの心」や「恋の予感」(ともに1984年)など、彼らのマイナーのヒット曲は、あの頃、歌謡曲と「ニューミュージック」(ロックとフォークの当時の総称)の融合した音として聴こえた。

象徴的に言えば、若者向けのバーにも、中年向けの場末のスナックにも似合う音だった(余談だが、安全地帯のボーカル=玉置浩二と米津玄師の高音の声質は少し似ている)。

そのような門構えの広さが、米津玄師の音にはある。一見若者に閉じた音楽の装いだが、その中に精巧に組み込まれた歌謡曲性によって、昭和歌謡を聴いていた私のような世代にも訴えてくるものがある。40~50代を含む広い後背地に、ジワジワと広がっていった結果として、ロングヒットとなっているのではないかと考えることもできる。

以上、Jポップ、洋楽、そして歌謡曲――これらの魅力を黄金律で配合した音楽。言わば「完全栄養食」のようなパーフェクトな音楽として、私には聴こえたのである。これが、私が考えた、米津玄師の「売れ続ける理由」だ。

あえてライバルを挙げるならば星野源

あえて米津玄師のライバルを考えてみれば、それは、米津と同じく作詞・作曲・編曲すべてを自分でこなして、ヒットを連発している星野源となる。

そして、メジャー中心の星野源とマイナー中心の米津玄師の戦いは、1980年代アイドル界における、シングル曲がほぼメジャーのみだった松田聖子と、逆にマイナーに偏った中森明菜との戦いを想起させる。

彼らの戦いは、現在の音楽シーンの中で数段ず抜けた、言わば「頂上決戦」だ。

昨年までは星野がリードしていたが、今年に入ってからは米津が、押し相撲でジワジワと星野に迫っている。ビジネスシステムの中で作られたヒット曲ではない、音楽そのものの力で勝負するヒットメーカー2人による、ガチンコの頂上決戦。これからも、まったく目が離せない。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT