「米津玄師」の曲がロングヒットし続ける理由 その「完全栄養食」としての音楽の魅力を分析

印刷
A
A

思い出したのは、ダフト・パンクの世界的大ヒット「Get Lucky」(2013年)である。個性的な循環コード(Bm7→D→F#m7→E)を延々と続けることによる麻酔的なグルーヴで、世界中の聴き手を踊らせた、あの曲に近い効果を、特に、最後までほぼ1つの循環コードが続く「打上花火」は醸し出していると言える。

売れ続ける理由の決定打になる第四の魅力は

ここまでをまとめると、高く響き渡る粘着質の声質の魅力に加えて、カラオケで歌いたくなるようなJポップ的な魅力、そしてダフト・パンクの循環コードに似た洋楽的魅力の3つが、米津玄師の「売れ続ける理由」ということになる。

だが、実はさらにもう1つ、独特な魅力があり、それが「売れ続ける理由」の決定打ではないかと考えたのだ。

それは「歌謡曲」的な魅力だ。

まず、米津玄師自身が「Lemon」について、「いわゆる歌謡曲を作ろうと思ったんです」と発言していること(『ROCKIN’ON JAPAN』2018年4月号)。

そして、聴いていて驚いたのだが、アルバム『BOOTLEG』収録曲の、ほぼ全曲がマイナー(短調)なのである(マイナーとメジャー=長調は、音楽的に厳密に区分できるものではないが、明確にメジャーと断言できるのは「かいじゅうのマーチ」「ナンバーナイン」のみ)。

もちろん「Lemon」も「打上花火」もマイナーだ。

誤解を恐れず言えば、歌謡曲(演歌含む)とはマイナー中心の音楽で、そのアンチとして組成したJポップはメジャー中心の音楽である。そして、歌謡曲の中でも、1980年代には、メジャーのアイドル音楽が幅を利かせてくるが、1970年代までは、かなりマイナー偏重のジャンルだった。

マイナーによる哀愁を帯びたメロディを、米津玄師の声で歌われると、昭和の歌謡曲が醸し出していた、あの切ない感情が沸き立つ。そしてそれは、現在の音楽シーンの中ではかなり特異な、差別性が高いものである。

次ページ米津玄師の「歌謡曲性」で思い起こすこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT