キレる寸前で踏みとどまれる人の3つの習慣

「自分都合の不機嫌」を子どもにぶつける前に

お父さんがキレずに我慢できた瞬間を、息子はしっかり見ているし、多くのものを受け取っている(写真:foly / PIXTA)

人はちょっとした感情の爆発でキレて、自分が積み上げてきたものを一瞬で失うことがあります。職場でも家庭でもそういうことはよく起こります。

ストレスを弱い相手にぶつけないためにできること

特に上司や親という立場にいる人は要注意です。なぜなら、キレたついでに自分がため込んできたストレスを弱い相手に全部ぶつけてしまうということがよく起こるからです。では、そうならないためにはどうしたらいいでしょう? そのことを考えるうえで、30代半ばの三山洋介(仮名)さんの話が参考になると思います。

この連載の記事一覧はこちら

三山さんは東京郊外で小さな塾を経営しています。ある日の夜、妻とささいなことで口論になりました。夕食の洗い物をするのは三山さんの仕事なのですが、その日はテレビのゴルフ中継に夢中になってしまって、いつまでも取りかかりませんでした。すると、妻が「ちょっと、洗い物まだなの? いつまでテレビ見てるの!」と言いました。

それで、イラッとした三山さんが「今やろうとしてたんだよ」と言い返しました。その後、「うそばっかり。何時だと思ってんの」と妻も言い返して、「なに、その言い方? 寝るまでにやればいいだろ」「さっさとやってくれなきゃ片づかないでしょ」と言い合いになってしまいました。

翌朝になっても、三山さんはモヤモヤした気分を引きずっていたので、出勤の準備をしている妻にまた嫌みを言ってしまいました。そして、妻が出勤してから1人で大いに後悔して、また気持ちが暗くなりました。

そうこうしているうちに、小学2年生の長男・浩介君が、元気よくスキップをしながらリビングに入ってきました。今日は土曜日で学校が休みなのでうれしくてたまらなかったのです。浩介君は、リビングに入ってからドアを思い切り強く閉めました。それで、掛けてあったクリスマスリースが落ちてバラバラになってしまったのです……。

次ページこういうときどう振る舞えばいいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT