図解!意外と知らないあの会社の「利益構造」

SHOWROOMなど話題の仕組みを解剖

5つのビジネスモデルをわかりやすく図解で紹介(写真:Sergey Nivens/PIXTA)  
話題の企業・サービスの名前は聞いたことがあっても「何がすごいのか」「利益構造がどうなっているのか」は意外と知らないもの。ビジネスモデル図解のコンサルティングを請け負う近藤哲朗さん(『ビジネスモデル2.0図鑑』著者)は、すべてを同じフォーマットで図解することで、事例を比較したり、新しいアイデアを生み出すことが可能になるといいます。成功しているビジネスモデルは既存のものと何が違うのか? 「金」の常識を変えた5つを紹介します。

「逆説の構造」のビジネスモデルが生き残る

今、僕らが置かれているビジネスの世界の常識は、大変な勢いで変化している。それは、「昨日やっていたことに工夫を凝らして改善してみよう」というレベルのものではなく、「昨日やっていたことが、まったく通用しない」「昨日良しとされていたことが、悪とされてしまう」というくらい、「劇的」で「破壊的」なものだ。

そして、その変化が最もわかりやすい形であらわれるのが「ビジネスモデル」だと、僕は考えている。どんな仕組みをつくったら、生き残れるか? これはビジネスにおける根本的な問いだ。裏を返せば「これまでの仕組みが通用しない」ことは、企業、産業の生き死にに直結する大問題となってしまう。どれほど優秀な人材を集めても、どれほど設備に多額の投資をしても、「仕組み」自体が通用しなくなったら、そこで終わりだからだ。

これからの時代に生き残るうえで最も重要なルールが「逆説の構造」だ。この構造があるかどうかで決まる。それはビジネスモデルの新しさ、つまり「創造性」があるかどうかだ。

「逆説の構造」とは僕の造語だが、ある事業領域(起点)において、「普通こうだよね」と思われていること(定説)を覆している事例のこと。その業界での常識を逆転させるのだから当然実現は難しい。だからこそ、それをアイデアやテクノロジーによって実現したビジネスモデルは、ライバルの追随を許さない。今回は、これまでお金にならなかった領域やお金の流れが滞っていた領域で「逆説の構造」を実現した5つの事例を、「図解」で紹介する。

次ページ時間を売買できるマーケットプレイス
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。