図解!意外と知らないあの会社の「利益構造」

SHOWROOMなど話題の仕組みを解剖

⑤ Unipos
働く仲間同士が成果給を送り合う仕組み 
出所)『ビジネスモデル2.0図鑑』より

社員の目に見えづらい成果をどう適正に評価するかは、多くの企業にとって重要な課題。それを社員同士が送り合う成果給(ボーナス給)という仕組みで乗り越えようとしているのが、「Unipos(ユニポス)」。日本生まれの同サービスは、今話題の企業「メルカリ」でも導入されている。

『ビジネスモデル2.0図鑑』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

Uniposの特徴は、売り上げや利益などの卓越した成果ではなく、目に見えづらいさまざまな貢献や成果に対して、上司から部下ではなく社員同士が評価するところ。たとえば、「オフィスのゴミを片付ける」といった行為は見過ごされがちで、成果として評価されづらい。

Uniposでは、このような小さな会社への貢献を目撃した社員が、相手の人に対して成果給に換算可能なポイントを付与できる。こうすることで会社への小さな貢献が可視化されていく。

ちょっとした思考の転換

ここまで5つの事例を紹介したが、このうちタイムバンク 、鎌倉投信は、これまで金にならなかった領域を転換して価値に変えた、いわば「転換系」のビジネスモデル。

SHOWROOMやUniposは、金銭的なインセンティブをうまく生み出した「インセンティブ系」。そしてCASHは、金が流れる経路や構造を変えた「流通系」の事例といえる。

どれも、天才が「ゼロ」からいきなり生み出したというよりは、多くの人が望んでいたのにこの世になかったことを、ちょっとした思考の転換やリスクを取ることによって実現している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。