図解!意外と知らないあの会社の「利益構造」

SHOWROOMなど話題の仕組みを解剖

⑤ Unipos
働く仲間同士が成果給を送り合う仕組み 
出所)『ビジネスモデル2.0図鑑』より

社員の目に見えづらい成果をどう適正に評価するかは、多くの企業にとって重要な課題。それを社員同士が送り合う成果給(ボーナス給)という仕組みで乗り越えようとしているのが、「Unipos(ユニポス)」。日本生まれの同サービスは、今話題の企業「メルカリ」でも導入されている。

『ビジネスモデル2.0図鑑』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

Uniposの特徴は、売り上げや利益などの卓越した成果ではなく、目に見えづらいさまざまな貢献や成果に対して、上司から部下ではなく社員同士が評価するところ。たとえば、「オフィスのゴミを片付ける」といった行為は見過ごされがちで、成果として評価されづらい。

Uniposでは、このような小さな会社への貢献を目撃した社員が、相手の人に対して成果給に換算可能なポイントを付与できる。こうすることで会社への小さな貢献が可視化されていく。

ちょっとした思考の転換

ここまで5つの事例を紹介したが、このうちタイムバンク 、鎌倉投信は、これまで金にならなかった領域を転換して価値に変えた、いわば「転換系」のビジネスモデル。

SHOWROOMやUniposは、金銭的なインセンティブをうまく生み出した「インセンティブ系」。そしてCASHは、金が流れる経路や構造を変えた「流通系」の事例といえる。

どれも、天才が「ゼロ」からいきなり生み出したというよりは、多くの人が望んでいたのにこの世になかったことを、ちょっとした思考の転換やリスクを取ることによって実現している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。