26歳で3度もスベった起業家が諦めないワケ

起業家に必要なのはアイデアか姿勢か

これまで3度起業したマイク・アイドリンは、今の日本の起業環境はかつてに比べてかなり改善していると話す(写真:筆者撮影)

聡明で、ハンサムで、ざっくばらんで、ハイテクに精通していて、そして何よりも若い。マイク・アイドリンは次のマーク・ザッカーバーグたる資質を兼ね備えているかもしれない。投資家たちは26歳の日本人とアメリカ人のハーフ、アイドリンのような若い起業家に大きな期待を抱いている。

アイドリンは2年前に東京に来てから、トライアル・アンド・エラーを繰り返して学びながら、3つのビジネスアイデアを考え、日本の投資家から約5000万円を調達した。この夢追い人はさらに大きなアイデアを追い掛けて、100万ドルの調達を目指して今度はロサンゼルスへ向かうという。

最初の会社では150万円を調達

東京で生まれたアイドリンは、北カリフォルニアで育ち、カリフォルニア大学デービス校で学んだ。2014年に卒業した後、彼は夏のインターンとしてシティバンクのトレーディングフロアでアナリストとして働いた。だが、アナリストの仕事は好きにはなれず、キャリアの道を変えてプログラミングを学ぶことに。

プログラミングのブートキャンプを通じ、優秀なソフトウエアエンジニアにはなれそうにないことがわかったが、開発者や設計者、そして経営者と一緒に仕事をすることが楽しそうだと感じた。そこでアイドリンは、プロダクトマネジャーとしてインターンの仕事を開始。この仕事は単に楽しかっただけでなく、次々と起業アイデアが浮かんだ。そこで、自らで事業を立ち上げることにした。

アイドリンが最初に共同で創業したベンチャーは「ブックマーク」と銘打った本好きのためのソーシャルネットワークアプリだった。ベンチャーキャピタルの500スタートアップから1万5000ドル(約155万円)を調達。だが、会社はすぐに困難に直面した。共同創業者間で問題が発生したのだと彼は認める。

2015年には、2つ目となるベンチャー企業を知人と立ち上げた。今度は、「Cutesy(キュッツィー)」と呼ぶペットオーナー向けのソーシャルネットワークで、アプリを使えばフェイスブックに掲載した自分のペットを閲覧している人が評価することができた。

その年の10月、アイドリンは現在サンフランシスコを拠点にしている顔の広い日本の連続起業家で、投資家の小林清剛氏にキュッツイーの資金調達に関するアドバイスを求めた。同氏は2011年、29歳のときにスマホ向け広告配信事業を手掛けるノボットを15億円でKDDIに売却したことで有名だ。

次ページ日本の起業環境は驚くほどよくなっている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。