要注意!「起業してはダメな人」3つの共通点

「世間と他人」への冷静な理解が不可欠だ

残念な起業家にならないためのポイントとは(写真 :ICHIMA / PIXTA)
失敗する起業家は、成功した起業家が皆押さえているセオリーがわかっていない、と指摘する両者が、このほど、そのセオリーのすべてを詰め込んだ本『起業ナビゲーター』を上梓した。
本書の中から、残念な起業家にならないために特に重要な3つのポイントを解説してもらった。

成功する起業家と失敗する起業家の違いとは

『起業ナビゲーター』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

人生が長くなる一方、会社の寿命や身に付けたスキルの寿命がどんどん短くなりがちな昨今です。起業といえば、これまではリスクの高い選択肢でしたが、これからは、リスクヘッジの選択肢として、有益なものになると考えています。

サラリーマンの副業が話題になるなど、日本の働き方改革も、起業家を増やす方向で進んでいくはずです。私たちはこれまで、成功した方も失敗した方も含め、たくさんの起業家に会い、アドバイスをいただいたり、アドバイスをしたりしてきました。

そういう経験を通じて、だんだんと、成功する起業家と失敗する起業家の違いがわかるようになってきました。

ここでは、失敗する起業家が陥りがちな代表的な3つの罠について、お話したいと思います。

次ページ失敗する起業家の傾向とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT