要注意!「起業してはダメな人」3つの共通点

「世間と他人」への冷静な理解が不可欠だ

残念な起業家にならないためのポイントとは(写真 :ICHIMA / PIXTA)
失敗する起業家は、成功した起業家が皆押さえているセオリーがわかっていない、と指摘する両者が、このほど、そのセオリーのすべてを詰め込んだ本『起業ナビゲーター』を上梓した。
本書の中から、残念な起業家にならないために特に重要な3つのポイントを解説してもらった。

成功する起業家と失敗する起業家の違いとは

『起業ナビゲーター』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

人生が長くなる一方、会社の寿命や身に付けたスキルの寿命がどんどん短くなりがちな昨今です。起業といえば、これまではリスクの高い選択肢でしたが、これからは、リスクヘッジの選択肢として、有益なものになると考えています。

サラリーマンの副業が話題になるなど、日本の働き方改革も、起業家を増やす方向で進んでいくはずです。私たちはこれまで、成功した方も失敗した方も含め、たくさんの起業家に会い、アドバイスをいただいたり、アドバイスをしたりしてきました。

そういう経験を通じて、だんだんと、成功する起業家と失敗する起業家の違いがわかるようになってきました。

ここでは、失敗する起業家が陥りがちな代表的な3つの罠について、お話したいと思います。

次ページ失敗する起業家の傾向とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。