エクセルで「理論株価」を割り出す最強の方法

経営数字を丁寧に当てはめれば答えは出る

しかしこのアメリカ理論には3つの問題点がある。1つ目は明らかに投資家側からの見方に偏っていることである。つまり経営との結びつきが弱すぎることである。

2つ目はFCFというたった1つのデータ(たとえば上の100億円)だけを使っている。そのためここでの“決め手”は割引率になってしまう。

そして3つ目は、そもそもFCFというパラメータ自体を使っていることにある。FCFは営業C/Fから投資額を引いたものである。投資とは「経営者が事業のための財産を買うこと」である。これでは「投資をあまりしない経営者の会社の株価が上がる」ということになってしまい、経営者側そして株主から見ても納得がいかない。

株主が金を出したのは、経営者がこの金を投資して財産を買うためであり、それによって金を増やすことを期待している。しかも日本的に考えれば「金を使うこと=投資」こそが経営という仕事の第1テーマである(決して投資を減らして金を貯めていくことではない)。さらには経営者にはその受任期間があり、経営者の成績を株価としてとらえるなら、「無限のFCFを足す」というのはどう考えてもおかしい。 

株価をシミュレーションして経営計画を策定

そこで私のやり方は、これを変形した企業価値モデルをコンサルティングに使っている。このモデルを使う主力シーンは、長計(長期経営計画)、中計(中期経営計画)という経営計画を作る時である(株のマネーゲームをやる時ではない)。

まずは「株価」をシミュレーションする時の業績パラメータを「営業C/F」とする。そのうえで計画対象期間を決める。長計なら10年、中計なら3~5年が普通である。ここでは「5年」としよう。

このモデルは「現在の株価」は純資産(=株主資本=全株主が持っている財産)をベースとするという仮説を持ち、「営業C/F」が未来の株価(=企業価値)のパラメータ(正確に言うと「株価を上げるパラメータ」)と考える。

つまり純資産という現在の株価に「将来増える営業C/F(ここでは5年)分が上乗せされて、未来の株価が計算される」と考える。そして投資家は未来の株価をゲームの指標として売買し、経営者はこの未来の株価を計算して(=営業C/Fを計画して)投資家に約束する。

営業C/FにはDCFを使う。そしてこのDCFに5年後の純資産(=DCF)を積み上げる。すなわち5年後に純資産を売却してプラスの投資C/Fを得ると考える。こうして企業価値を計算する。

このモデルを使って経営計画が遂行された時の株価をシミュレーションし、この結果を現在の株価と比較して、経営計画の見直しなどを行う。

次ページ株価シミュレーションをエクセルで行うと…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。