団子状態のプロ野球終盤戦、CS進出はどこか

セ・リーグは広島カープが球団初の3連覇!

しかし、選手会長というのは企業で言えば「部長」に当たります。その上のプロ野球選手会会長が社長みたいなイメージでしょうか。

球団と選手の間に入り、板挟みになることもありますし、選手会ミーティングなどでプライベートの時間を割かなければいけないことも多々あります。

だからといってお給料が上がるわけでもないので(笑)。まあそれは冗談としても、単に名誉なだけではない“おつり”が多い。くれぐれもここだけの話ですよ!(笑)

しかし、それも野球をより深く知るためのチャンスと前向きに受け止めることにして、前年の秋季キャンプやこの年の春キャンプと、しっかり身体を追い込み、もう一度しっかりとレギュラー定着を狙った年でした。
チームは3位という成績で、優勝はできませんでしたが、個人的には前年よりも満足できる成績を残したシーズンとなりました。

大きなけがも故障もなくシーズンを終えられるということは、やはりプロスポーツ選手にとってとても大事なことです。この年の満足度で改めて実感しました。

2004年に大事件が起こった

そして2004年。

私個人としても、そしてプロ野球界としても、今までに経験したことのなかったような世間をも巻き込んだ大事件が巻き起こるあのシーズンに突入します。

前年、ある程度の成績を残してレギュラーに返り咲き、チームとしてもう一度リーグ優勝するんだと臨んだ春のキャンプ初日のことでした。

球団名から「近鉄」を外して命名権(ネーミングライツ)を売買する、というマスコミ報道があったのです。

そのときは「それってなんのこと?」くらいに考えていました。案の定、その日のうちに球団代表から、これは球団の経営上の話であって、チームが特に変わるわけでもないから、選手はいつも通り練習してくれ、という説明があったのですから。

しかし今思えば、このときすでに、大船団の舵は切られた後でした。時系列で考えれば、水面下ではオリックスと近鉄の合併の準備が着々と進んでいたはずだったのです。

このお話の続きは次回のコラムでじっくりお伝えしましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。