団子状態のプロ野球終盤戦、CS進出はどこか

セ・リーグは広島カープが球団初の3連覇!

球団初となる3連覇で、27年ぶりに本拠地でのリーグ優勝を決めて胴上げされる広島の緒方監督=26日、広島市のマツダスタジアム(写真:共同通信社)

皆さんこんにちは、プロ野球解説者の礒部公一です。

プロ野球はいよいよ終盤。残り試合もわずかになってきました。セ・リーグは広島カープが本拠地で優勝を決め、パ・リーグは埼玉西武ライオンズが首位を独走しています。特にセ・リーグの3位争いが混沌としてきて見応えがありますね!

この連載の一覧はこちら

まずは、セ・リーグです。

ついに首位のカープが優勝を決めました!

直近の試合では足踏みが続いていましたが、球団初の3連覇となる9度目のリーグ優勝を地元・広島のファンに届けました。

私が注目している2位のヤクルトも、3位以下に5ゲーム以上の差をつけ2位通過が濃厚になっています。交流戦以降から続いている広島以外の5チームによる2位、3位争いは、ひとまずヤクルトが勝率5割の状態をしっかり保ち、現在は貯金を作って一歩抜け出しましたね。

クライマックスシリーズ進出争いにも注目

面白くなってきたのは3位争い。

阪神のチーム状況が悪く、順位を下げクライマックス出場に黄色信号が灯っている状態です。3位争いは巨人とDeNAになりそうです。今年、何回「団子状態」って言ったかな?(笑)こんなシーズンも珍しいですよね。

続いてパ・リーグです。

上位3チームと下位3チームのゲーム差もかなり開いて、クライマックスシリーズ出場チームはほぼ確定したように思います。

優勝争いですが、一時は首位西武と2位ソフトバンクのゲーム差が3.5にまで縮まりあわやと思ったものの、9月15日からメットライフドームで行われた天王山・第一ラウンドで西武がソフトバンクを3タテし、9月25日時点でゲーム差を6として優勝に向け逃げ切り体制に入りました。

次ページソフトバンクの柳田、一時離脱の影響
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。